映画監督の生活

大物監督と駆け出しの監督で生活水準はまったく違う

映画監督と言っても、大物監督と駆け出しの監督では訳が違います。

大物監督の中には1本1000万円以上の報酬を事前契約し、興行収入によって追加報酬を手にする人もいます。

しかしながら駆け出しの監督は、自主制作で映画を作っている人もいれば、制作期間が半年以上なのに1本100万円以下という安い報酬で監督を引き受けている人もいます。

映画監督の生活は、生活水準に大きな差が出て来ることは仕方のないことでしょう。

数々の作品を受賞している監督でも、我が身を削って作品を撮っている!?

残念ながら現在は亡くなっていらっしゃいますが、カンヌで2回もパルムドールを受賞した今村昌平監督は、世界的にとても有名な監督でした。

実は今村監督は、自らのポケットマネーで数々の作品を作り上げていたといわれています。なぜなら個性的な作風が影響して、あまりスポンサーが付かなかったからです。

有名になれば巨額の富が手に入るというわけではなく、有名になってもスポンサーが付かなければ、厳しい状況は変わらないというわけです。

『Shall we ダンス?』という作品で一躍有名になった周防監督でも、1本あたり300〜400万の契約料で半年近くをかけて作品を手掛けるという苦労をなさっていたそうです。

また世界的に有名な北野武監督も映画制作にあたってはあまり利益を考えないで、次回作を出せるようにマイナスにはないようにするという位のようです。

このように考えると、数々の賞を受賞した有名監督でも、厳しい状況下で作品を作っていることは間違いありません。

監督業以外に、アルバイトをしている

映画監督だけでは、食べていけないこともしばしばです。ですから中には、映画監督ならではのアルバイトをしている人もいます。

専門学校や映画学科のある大学で講師をしたり、若手映画監督は映画の撮影現場でアシスタントをしている人もいるそうです。

つまり映画監督だけで、生活を成り立たせるのは非常に難しいということです。

現在名が知られているような監督のほとんどが、厳しい下積み時代を経て才能を開花させています。

一見華やかなイメージのある映画監督ですが、大物監督の称号を手にするのはごくわずかで、本当にはとても厳しい道なのです。

映画監督の休日は自分を高める日

映画を撮影していない間や休日は、多くの監督が他の監督の映画作品や舞台、ドラマなどを見てご自分を高めているようです。

自分とはまったく違う作風を見て、新鮮な感情が芽生えたり、思いつかないアイディアを得ることはとても大切だからです。

また中には、登山やスキューバダイビング、旅行など普段と生活環境を変えることで、意識的に経験値と人間力を高めようと行動していらっしゃる方もいます。