ヨガインストラクターの働き方の種類とその特徴

ヨガインストラクターの雇用形態

ヨガインストラクターの働き方の種類には、さまざまなものがあります。

ヨガスタジオやヨガスクール・フィットネスクラブなどへ就職して正社員として働く人のほか、アルバイト・パートとして短時間だけ勤務する人、あるいは出張レッスンを中心とした仕事をする派遣のスタイルで働く人などもいます。

さらに、この仕事の特徴として、独立してフリーランスとなり、業務委託のインストラクターとして活躍する人が多いことが挙げられます。

フルタイムでの会社勤めをするだけでなく、多様な働き方ができるのがヨガインストラクターの働き方の特徴といえます。

それぞれの働き方で仕事内容にどのような違いが出てくるのか、メリット・デメリットなどと合わせて紹介します。

正社員のヨガインストラクター

正社員の仕事内容は?

「正社員」のヨガインストラクターは、ヨガの先生という役割を担うものの、あくまでも就職先の会社のいち社員として働きます。

ヨガのレッスンをすることが中心的な業務となりますが、それ以外にも部下の教育やマネジメント、教室の運営に関わる業務などにも広く携わり、キャリアアップするなかで経営面に関わっていくこともあります。

正社員は給与や待遇が恵まれている場合が多く、人気がある雇用形態ですが、ヨガインストラクターの場合、正社員の求人数はさほど多くないといえるでしょう。

求人が出るときは、ヨガインストラクターとしての経験者を対象とするものがほとんどです。

しかし、一部のヨガスタジオでは、ヨガ初心者でインストラクター経験がほぼない人でも応募できるところがあるようです。

その場合、入社後に社内研修を受けて、インストラクターとしてデビューできるしくみが整っています。

正社員で働くメリット・デメリット

正社員というと「安定」という良い面ばかりが目立ちがちですが、デメリットといえる部分もいくつか考えられます。

たとえば、複数のスタジオを運営している会社の場合、会社の都合で異動が命じられる可能性があります。

また、フリーランスで働く人のように、自分で案件(担当するレッスン・講座など)を選ぶことは難しく、上司や会社から指示された通りに動かなくてはならないことが多くなるでしょう。

指導スタイルも、会社の方針に沿っていくことが一般的であり、「自分ではこうしたい」という考えが通用しないこともあるかもしれません。

しかし、給与面や待遇面でいえば、正社員が最も条件の良いケースがほとんどで、月給20万円~30万円程度は固定でもらえている人が多いようです。

勤務先によっては、経験やレベルに応じて会社のステップアップ研修を受けられるなど、成長を支援してくれる制度が数多く設けられていることもあります。

腰を据えて長く同じ環境で働きたいという人にとっては、正社員は向いているといえるのではないでしょうか。

派遣のヨガインストラクター

派遣の仕事内容は?

ヨガインストラクターは、「派遣」の形で仕事をすることも可能です。

派遣のヨガインストラクターは、「出張レッスン」の講師として活動が中心となるでしょう。

出張レッスンの目的はさまざまです。

たとえば、企業における従業員のストレスケア、福祉施設における高齢者の健康増進、学校での学生のためのヘルスケア、地域センターでの産後のお母さんの心身のケアなど、多岐にわたる場所へ出向いて幅広い年代や立場の人にヨガを指導します。

イベント開催時の出張など、単発での仕事も多数あるようです。

派遣のヨガインストラクターとして働きたい場合は、ヨガのインストラクター派遣サービスを手掛ける会社に登録するとよいでしょう。

ヨガの人気はいまだに高く、派遣として働けるインストラクターの需要も安定しています。

派遣であれば、自身の取得資格や指導経験、得意なヨガの種類などを事前に伝えておき、それに見合った仕事を紹介してもらうことができます。

派遣で働くメリット・デメリット

派遣で働くメリットは、時間の融通がききやすいこと、そしてある程度自分で仕事内容を選べることだといえるでしょう。

たとえば、他の仕事をしていたり、個人でもレッスンを提供していたり、家庭の事情でフルタイムでの勤務が難しいといった人でも、無理なく自分のペースで仕事をすることができます。

また、さまざまな種類の仕事に挑戦して、スキルアップを目指すことも可能です。

経験と実力を積み上げていけば、派遣でも高い給料をもらうことができるでしょう。

しかし、一般的には派遣は正社員よりも給与相場は低めとなり、安定性という面には欠けるといえます。

また、派遣のインストラクターを募集する会社によっては、派遣登録時に「登録料」などとして費用を求められることがあるため、よく確認しておいたほうがよいでしょう。

アルバイト・パートのヨガインストラクター

アルバイト・パートの仕事内容は?

ヨガインストラクターとしては、あまり一般的な働き方ではないようですが、「アルバイト・パート」としてこの仕事をすることも可能です。

アルバイト・パートのヨガインストラクターの仕事内容は、勤務先となるヨガスタジオやヨガ教室によって異なります。

アルバイト・パートでも、正社員のインストラクターと同じようにレッスンを担当し、一人で責任もって指導にあたる場合もあれば、あくまでも社員のアシスタント的な業務だけを任されることもあります。

このような点は、自分の経験・スキルなどによっても変わる可能性があるため、応募の際にしっかりと確認しておいたほうがよいでしょう。

アルバイト・パートで働くメリット・デメリット

アルバイト・パートの働き方は正社員に比べて安定性には欠けますが、「週に2、3日程度だけ、空いた時間に働きたい」といった人でも仕事をすることができます。

何か他にも仕事をしている人や、家庭や育児の都合などで長時間勤務は難しいといった人にはメリットの大きな働き方といえるでしょう。

アルバイト・パートのヨガインストラクターでも、職場によってはヨガインストラクターとしてレッスンを受け持ち、ステップアップを目指すことが可能です。

給料は時給制となり、時給1,000円~1,500円程度が相場のようですが、昇給制度を設けている職場であれば、人気インストラクターになることで時給2,000円以上を得ることもできるでしょう。

ただし正社員のようにボーナスの支給はなく、休暇制度など福利厚生の適用もされないことが多いです。

なお、ヨガインストラクターの場合、アルバイト・パートの求人数はさほど多くないため、チャンスを逃さないようにこまめに情報を追ったほうがよいかもしれません。

フリーランス・業務委託のヨガインストラクター

フリーランス・業務委託の仕事内容は?

ヨガインストラクターは、「業務委託」という形で仕事をしている人がたくさんいます。

このスタイルでは、特定の会社やヨガスタジオに社員として雇われているわけではなく、フリーランスとして独立した形で活動をし、さまざまなヨガスタジオと「業務委託契約」を結び、レッスンの仕事を請け負うのが一般的です。

業務委託のヨガインストラクターは、「1レッスンあたり〇〇円」として報酬を得ます。

報酬の額は、レッスン1本あたり1,500円~5,000円が相場のようですが、経験や技術に応じて決定されることが多く、実力がある人は10,000円以上の高額な報酬を得られるケースもあります。

多くの生徒さんからの信頼を集めて人気インストラクターになれば、その分、レッスンをたくさん受け持つことができるようになり、収入を大幅にアップさせられる可能性があります。

フリーランスの場合、このように業務委託としてスクールやスタジオでレッスンをすること以外に、自分で生徒さんを集めて自宅で個人レッスンを行ったり、企業から依頼を受けてヨガ関連のイベントでデモンストレーションや講演活動を行ったりと、さまざまな仕事に挑戦する人もいます。

フリーランス・業務委託で働くメリット・デメリット

フリーランスや業務委託のヨガインストラクターは、社員のように会社に勤務時間などが決められているわけではないため、レッスンをする日時や休日を自分で決めやすいことが特徴です。

また、複数の案件を掛け持ちすることもでき、自分で新しい仕事にどんどん挑戦したい人や、ひとつの職場にとらわれない働き方がしたい人などにもメリットが大きいといえます。

ただし、誰でもすぐにこのスタイルで順調に働けるとは限りません。

スクールやスタジオによっては、応募資格として「〇年以上の指導経験者」や「ヨガインストラクターの有資格者」を対象とすることもあります。

しかし、なかにはヨガの基礎的な知識や技術さえ身につけていれば、レッスン未経験者でも採用しているところもあります。

さらに、スキルアップのための研修制度を利用できる会社もあるため、個人のヨガインストラクターとして成長したい気持ちが強い人は、そうした制度を設けているところで知識・技術を磨きながら活動の幅を広げていくのもよいでしょう。

ただし、正社員とは異なり、毎月決まったお金が会社から支払われるわけではありません。

仕事量によって収入が大きく変動することがあるため、その点は頭に置いておく必要があります。

副業・在宅のヨガインストラクター

副業・在宅の仕事内容は?

ヨガインストラクターは、何か他の仕事を本業としながら、副業として働くことも可能です。

ただし副業のヨガインストラクターになると、働き方はある程度限定されてくるといえるでしょう。

ヨガインストラクターが副業で働く場合、正社員としてヨガスタジオなどに就職するのではなく、フリーランスの形で、ヨガスタジオと業務委託契約を結んでレッスンを行うのが一般的です。

給料は、報酬として「1レッスンあたり」で金額を決定し、どれくらいのレッスン数を受け持つかは、ヨガスタジオと相談のうえ自分で決めることができます。

このほか、自宅での個人レッスンや、生徒さんの家などでの派遣レッスンをする人もいます。

副業・在宅で働くメリット・デメリット

副業の形を選ぶ場合、平日は会社員として本業の仕事に専念し、夜間や週末を使って無理なくヨガインストラクターのレッスンを受け持つといったことが可能です。

自宅にスペースがあれば、家にいながらにして生徒さんを集め、レッスンをすることもできます。

実力と経験をつけていけば、生徒さんからの信用も集まり、高いレッスン料をもらえるようになって副業でもよい収入が得られるでしょう。

ただし、「副業」といっても、仕事としてする以上は本業と同じように強い責任感をもって業務に臨まなくてはなりません。

とくに、ヨガインストラクターは生徒さんの身体や健康にもかかわっていく仕事ですから、正しい知識やスキルを備えて、より注意深く仕事をする必要があります。

レッスン計画を考えたり、生徒さんとコミュニケーションをとったりなど、レッスンそのものの時間以外にもやることは出てきます。

本業に支障がないように慎重に仕事を進めたほうがよいでしょう。