テキスタイルデザイナーになるための学校(大学、専門学校)

ファッションとデザインを学ぶために

テキスタイルデザイナーをめざす人は、ファッションの知識やデザインの技術、生地を取り扱うための手法を身につけておく必要があります。

どのような学校に行けばこのような知識や技術を習得するための勉強ができるのでしょうか。

ここではテキスタイルデザイナーになるための専門学校や大学について説明します。

ファッションを学べる専門学校

テキスタイルデザイナーをめざす人が進学することが多いのは、ファッションの専門学校です。

ファッションに関するデザインを総合的に学ぶことができ、生地や糸の種類、日本はもちろん世界各国のファッションの歴史、流通の仕組みまで幅広い知識を得ることができます。

また、実技指導ではデザイン画を描いたりミシンを使って縫製をしたりすることもできるので就職してから即戦力として働きやすいという特徴があります。

規模の大きい専門学校ではコースを細かく分けており、テキスタイル(生地)のデザインを専門とする「テキスタイルデザイン科」を設けているところもあります。

履修期間は三年で、一年目は染色と基本的な織りの専門的知識と技術を習得し、二年目は機器を使って演習を行うなかでデザインセンスを磨き、三年目は業界での実務経験を交えながら生産工程やコストについて学びます。

専門学校ならではの強みとしては、アパレル業界や企業との結びつきが強いので、インターンシップや企業とのコラボレーションなどに参加する機会ができることが挙げられるでしょう。

また、就職活動においても卒業生から話を聞くことができたり、学校への求人募集や講師の紹介を通して就職先を見つけることができたりするケースもあるようです。

ファッションやデザインを学べる大学

専門学校以外の選択肢として、大学でファッションやデザインの勉強をすることもできます。

全国的に見ると数は多くありませんが、文化学園大学の「ファッションクリエイション学科」、大阪芸術大学の「工芸学科」、東京家政大学の「服飾美術学科」、共立女子大学の「被服学科」などのように、大学でも服飾やデザインのための学科を設けているところはあります。

大学の場合は履修期間が四年になり学費も高くなりますが、その分大卒の学歴ができるので就職先の選択肢が広がる可能性があります。