臨床工学技士の働き方の種類・雇用形態

臨床工学技士の雇用形態

臨床工学技士の雇用形態にはいくつかあります。

ひとつめは医療機関の正職員・医療機器メーカーなど一般企業の正社員です。

ひとつの企業に正社員として所属し、そこから月給を得る働き方で、多くの臨床工学技士がこの雇用形態で働いています。

次にアルバイトやパート職員、契約職員の臨床工学技士です。

正社員と違い、必ずしもフルタイムで勤務する必要はありませんが、時給換算での給与となる働き方です。

そのほかには派遣社員として働く臨床工学技士も少数ながら存在します。

派遣社員の臨床工学技士は、登録した派遣会社から医療機関や企業に派遣されて働きますが、給与はおもに時給換算で、働いている病院や企業からではなく派遣会社から給与を得ます。

正職員の臨床工学技士

正職員の臨床工学技士はひとつの病院もしくは企業に所属し、フルタイムで働く人たちです。

医療機器の管理を任せられる臨床工学技士はさまざまな医療機関から求められており、多くの臨床工学技士は正職員として病院で働いています。

職務内容は病院によって異なり、さまざまな業務を複合的に、またはローテーションでおこなったり、ひとつの業務のみを担当したりとさまざまです。

正職員として働くメリットは、毎月一定の収入を得られることや、就職先の福利厚生を必ず利用できることです。

とくに結婚して子どもが生まれた場合、職場によっても異なりますが、産休・育休が取れる、時短勤務に対応してもらえるなどのメリットがあります。

その反面、24時間体制や深夜受け入れ体制を敷いている職場の正職員は、夜勤や当直勤務が発生したり、オンコール勤務に対応しなければならないことがあります。

また仕事内容や勤務体制によっては、子どもがいる状態で勤務を続けることが難しい場合があります。

派遣の臨床工学技士

派遣社員として働く臨床工学技士は少数ですが、とくに大学院卒など高学歴で、研究職を志望する臨床工学技士が登録することが多いようです。

臨床で働く人材は人手不足で多く必要とされている一方で、研究職は就職の間口が狭いため、研究職専門の派遣会社に登録し、そこから職を得る人もいます。

派遣と正職員の違いは、派遣の場合、給与の支払い元が勤務先ではなく、派遣会社であるところです。

また、正職員と同じ業務内容でも同じ月収とはならず、おもに時給換算で給与が支払われ、福利厚生も派遣先によって異なります。

その代わり、希望する業務内容や勤務地などから勤務先を紹介してもらえるため、配偶者が転勤族などの場合は派遣職員として転勤先に合わせた職場で働けるのがメリットです。

業務内容の希望についても派遣会社に相談できるため、特定の業務をおこないたい場合や、ひとつの業務の経験を積みたい場合に利用することもできます。

アルバイト・パートの臨床工学技士

小さな子どもがいたりなどすると、深夜・当直勤務をこなしたり、フルタイムで働くことが難しい場合があります。

そのような時には、アルバイトやパート職員の臨床工学技士として働きながらキャリアを積む、という方法もあります。

アルバイト・パート勤務ですと時間の融通が利きやすく、子どもを預けられる時間・曜日のみ働くといったこともしやすいのがメリットです。

またフルタイム勤務をしている臨床工学技士でも、さらなる業務経験を積んだりするために、あえてアルバイト勤務とのダブルワークをしている人もいます。

ただし、ダブルワークは職場によって禁止されていることもあるので、必ず勤務先に相談しましょう。

アルバイト・パート職員のデメリットは、時間給であること、短時間の勤務になりがちなことから給与が安定しにくいことが挙げられます。

また、正職員のようにしっかりとした福利厚生が受けられないことがあるのもデメリットとして挙げられるでしょう。