編集者の勤務先と仕事内容の違い

編集者の勤務先・働き方の種類

編集者が働く場所には、大きく分けて出版社・編集プロダクションがあります。

出版社は全国誌を扱う大手だけでなく、地域や業界に根差した中小規模の出版社も数多くあります。

一方、編集プロダクションは、こうした出版社から依頼を受け、下請けとして編集業務を担当します。経験を積んだ後は、独立してフリーランスで働く編集者もいます。

編集者の仕事内容

出版社・新聞社で働く編集者

出版社に編集者として務める場合、多くは「書籍部門」と「雑誌部門」に分かれて仕事をします。

書籍を担当する編集者

書籍の場合は小説をはじめとした文芸・児童書や絵本、新書などのビジネス書やノンフィクションなどさまざまなジャンルに分かれて、それぞれの分野を専門に担当することが多いです。

新聞社や新聞社の書籍部の場合は、政治経済やライフスタイルなど生活に関した出版物を発行しています。

書籍部門を担当する場合、多くの編集者は作家と直接やり取りをするため、コミュニケーション能力が欠かせません。

ときには取材に同行したり、作家から依頼されてさまざまな資料を集めたりすることもあります。

また、作家と一緒に一つの作品を作り上げるという意識が強いため、作品が大ヒットしたり、書籍に関する賞を受賞したりするなどした場合は、まるで自分のことのような大きな喜びを感じられます。

雑誌を担当する編集者

雑誌の場合は、コミック雑誌・ファッション雑誌・ビジネス雑誌・芸能雑誌(週刊誌)などがあります。

雑誌編集者の場合は、担当する雑誌によって大きく仕事内容が変わります。

企画、取材・掲載交渉、入稿など基本的な仕事は変わりませんが、コミック誌の場合は作家との打ち合わせや原稿の受け取り、コミックスの発売についての仕事などがあります。

また、ファッション誌の場合はモデルカメラマンの手配、撮影の際の衣装やスタジオの手配、付録の企画などの仕事があり、それぞれの雑誌で編集者の仕事内容は多岐に渡ります。

雑誌の場合は発売サイクルがあらかじめ決められているため、常にタイトなスケジュールで動き締切に追われながら仕事をするというスタイルのため、激務になりがちです。

編集プロダクションで働く編集者

編集プロダクションは、こうした書籍・雑誌をつくる出版社からの依頼を受けて仕事をします。

本に関わる全ての企画を依頼されることもあれば、特定の記事のみを依頼されることもあり、仕事内容はその都度変わります。

記事の作成についても、あらかじめ企画やテーマが決められているものもあれば、企画からすべてを行うこともあります。

編集プロダクションは出版社や新聞社の下請けとなりますが、実力が認められれば大きな仕事をもらうこともできます。

フリーランスで働く編集者

出版社や編集プロダクションで経験を積み、独立してフリーランスの編集者になる人もいます。

さまざまな仕事をまかせてもらえるだけでなく、仕事を選べるという点でも非常に魅力があります。

そのためには、出版社や編集プロダクション時代にしっかりと実績を残し、人脈を作っておくことが大切です。