福祉用具専門相談員の志望動機、面接

体験モニター募集中! キャリアの悩みを解決する相談サービス「グッザー」とは

仕事内容と役割を理解する

福祉用具専門相談員の志望動機を考えるためには、まず、この仕事の具体的な内容や役割を理解することが重要です。

福祉用具専門相談員には、福祉用具のプロフェッショナルとしての活躍が期待されます。

数ある福祉用具のなかから、サービス利用者の身体の状態や介護環境などに合うものを選び、正しい使い方をアドバイスしていきながら、利用者の生活をサポートするのが福祉用具専門相談員の仕事です。

そこでは福祉用具に関する専門知識は不可欠となりますし、介護保険制度に関する幅広い知識も求められてきます。

まずは「福祉用具」というものに興味を持ち、その分野の専門家として活躍したいという気持ちが、この仕事を志すきっかけになるでしょう。

おもな志望動機

福祉用具専門相談員はたくさんの高齢者と接する仕事であることから、自分がおじいちゃん、おばあちゃんっ子だったなど、高齢者との関わりが好きという人がこの仕事に就くことは多いようです。

また、単に商品を販売するだけでなく、相手の状態に合わせた最適な福祉用具を提案するといった仕事の進め方に魅力を感じて、福祉用具専門相談員を目指す人もいます。

いずれにしても、福祉用具専門相談員は、職場によって介護職や営業職と兼務することもあるため、福祉や介護の分野への興味関心を持っておくに越したことはありません。

面接のポイントは?

福祉用具専門相談員の面接では、人間性を問うような内容となるでしょう。

業務上、介護を必要とし、日常生活に困りごとを抱えている人とのコミュニケーションが中心となるため、弱い立場の人にも思いやりを持って接することができるか、穏やかな人柄であるかといったことが判断されます。

また、この仕事では重い介護用ベッドの運搬など、多少の体力を要する場面も出てきます。

健康状態の確認や、体力に自信はあるかといったことも問われることが多いため、できるだけ健康的な一面をアピールするとよいでしょう。

体力については決してスポーツ万能である必要はありませんが、普段から意識的によく歩いたり、簡単な筋力トレーニングをしておくなど、基礎体力をつけておくことをおすすめします。