フードコーディネーターになるためにはどんな学校に行けばいい?(大学・専門学校・スクール)

フードコーディネーターは必ずしも資格が必要な職業ではありません。

しかし、経験や知識が必要になるので効率よく学ぶには学校へ行くのもおすすめです。

この記事では、どんな学校へいけばいいのか解説します。

学校の種類

学校の種類
  • 大学
  • 専門学校
  • 民間のスクール

フードコーディネーターを目指すために、大学や専門学校に通い、専門知識を身につけたり資格を取得するメリットは多く、活動する際に企業へのPRへ繋がります

もちろん、「食」に関する学校に通ったことがなくても、食に関する業界での実績やスキルがあれば、独立してフードコーディネーターとしての仕事をすることも不可能ではありません。

しかし、学校やスクールでは食材や栄養などに関する知識を体系立てて勉強ができるので、効率よく食の知識を学びたいという人は、大学や専門学校への通学を検討するとよいでしょう。

フードコーディネーターになるには

フードコーディネーターになるための大学

大学・短大に進学する場合は、食品・栄養・調理系の学科・コースを選ぶのが一般的です。

メリットとして、管理栄養士など他の資格を取得することもできる点があげられます。

フードコーディネーターの資格と両方を取得可能な大学もあるので、幅広い知識を得たい人にはぴったりでしょう。

また大卒の学歴を得ることで、フードコーディネーターとして企業に専門職で就職する際に有利となる場合もあります。

フードコーディネーターになるための専門学校

専門学校には、栄養・調理系の学科・コースが数多くあります。

専門学校では、栄養学や調理技術など食に関する知識と、スキルを体系的に勉強ができます

実習なども多く即戦力になるスキルが身に付けられるため、フードコーディネーターを目指す人には王道の進路とされています。

専門学校の中には、夜間のみの学校や通信教育を行っているところもあるため、仕事や育児などと両立しながらフードコーディネーターを目指し通う人も少なくありません。

また、フードコーディネーターの民間資格「フードコーディネーター資格認定試験」を主宰する協会が定める「認定校」を学ぶことで、「フードコーディネーター3級」の認定資格を得れます。

フードコーディネーターになるためのスクール

フードコーディネーターに関する勉強ができる場として、民間のスクールもあります。

フードコーディネーターとしての基礎を身につけながら、資格取得を最短距離で目指すスクールもあれば、社会人向けの夜間のみや週末のみに開催されるスクールや講座もあります。

すでに食関連の仕事に就いていたり、フードコーディネーターとして独立を目指したりする人が仕事の幅を広げるために通うことも多いようです。

もちろんこうした民間スクールの中にも、協会が定める「認定校」があります

「フードコーディネーターになるための学校」まとめ

学校に通い、専門知識を身につけたり資格を取得することは、企業へのPRにメリットにつながります。

専門学校では即戦力になるスキルが身に付けられるため、フードコーディネーターを目指す人には王道の進路とされていますが、大学では大卒の学歴を得ることで、フードコーディネーターとして企業に専門職で就職する際に有利になることもあります。

専門学校・大学でも管理栄養士の資格を取得できる点から、食品・栄養・調理系の学科・コースを選ぶのが一般的です。

また、社会人など働きながら学びたい人には、夜間のみや週末のみに開催されるスクールや講座もあります。