ファイナンシャルプランナーの資格取得の意味は? 履歴書に書ける?

ファイナンシャルプランナーの資格取得の意味は?

やる気があると判断される

金融機関勤務を志望し、ファイナンシャルプランナーの資格を就職活動前に取得しておけば、「やる気がある」と判断され、内定を取りやすくなる可能性が高いです。

たくさんの就活生を相手にする企業としては、「ファイナンシャルプランナーとして働くために資格を取得した」という学生のことを説得力があると思いますし、資格取得できる能力があると安心できます。

金融機関では、入社後もたくさんの知識を勉強したり、資格取得をしたりする必要があるので、学生のうちに自主的に資格取得ができる人の評価は高くなります。

企業によっては昇格や賞与アップのメリットも

金融機関に入社してからも、ファイナンシャルプランナーの資格が必須という場合は少ないですが、資格取得が昇格要件になっていたり、取得できると賞与がアップしたりする場合もあります。

実務経験を積みながら勉強していくのもよいですが、仕事が忙しいと家に帰ってから勉強する気力がなくなってしまう可能性もあるでしょう。

そのため、比較的時間に余裕がある新入社員の内や内定期間中に収集的に勉強して、取得してしまうのも一つの手です。

顧客からの信頼を得ることができる

ファイナンシャルプランナーの資格を取得すると、会社の名刺に「ファイナンシャルプランナー技能士」「AFP」「CFP」などの肩書きを記載できるようになります。

また、独立系のファイナンシャルプランナーの場合は会社という看板に頼れない以上、資格の肩書きに頼らざるを得ないです。

顧客としても、大切なお金について相談する相手がきちんと勉強している人かは気になるところですが、資格を持っている人が担当者ならば信頼しやすくなります。

ファイナンシャルプラナーの資格は履歴書に書ける?

ファイナンシャルプランナーの資格は認知度も高く、実用的でもあるので、どんな職業を目指す場合もプラスに働く可能性が高く、履歴書に書くべきといえます。

とくに金融機関や不動産業界を目指す場合、ファイナンシャルプランナー資格を持っている人は業務の基本的知識を持っている人とみなされ、面接も有利に働きやすいです。

なかでも「2級ファイナンシャルプランナー技能士」以上の資格は、深い知識がないと取得できないので、就職活動や転職活動前に取って履歴書に書くことができれば、自己PRのアピール材料になります。