エステティシャンの求人状況・就職先選びのポイント

エステティシャンの就職先にはどんなところがある?

エステティシャンのおもな就職先はエステサロンです。

勤務先によってお客さまの来店目的や提供するサービス内容は異なるため、店舗によって大きく差があるのが特徴です。

その他にホテルや美容室、リラクゼーションサロンなどでも勤務しています。

エステティシャンの就職先と仕事内容の違い

エステティシャンの求人の状況

エステティシャンの求人数は多い

エステティシャンの求人は、他の職業と比較すると多いです。

エステサロンの数が増えるとともに人材の需要は高まっており、大手エステサロンの中には常に求人募集を出しているところもあります。

雇用条件はお店によって違いますが、こだわりを持ちすぎなければ自分で選ぶことができるほど求人数は多く、今後もこういった状況はしばらく続いていくものと思われます。

エステティシャンの就職先の選び方

エステ業界は出入りが激しい

エステティシャンの人材募集が活発ということは、それだけ出入りが激しいということでもあります。

業界全体としての離職率は高めで、仕事内容やお店との相性が合わない、より良い条件のお店で働きたいといった離職理由が多いようです。

自分の理想の施術はできるか、働き方が実現できるかをしっかりと考えた上で就職先を選びましょう。

また、エステティシャンは他の職業に比べて独立するまでの期間が短いため、ある程度のレベルに達すると、自分でお店を出すために辞める人も珍しくありません。

将来独立を目指す場合は、独立・開業をサポートしてくれるサロンを選ぶとスムーズでしょう。

年齢制限に注意

エステ業界は平均年齢が低めといわれています。

エステティシャンとして働く人の多くは20代ですし、10代のうちから現場で修行を積んできている人も珍しくはありません。

こうしたことから、転職を考える場合には年齢に注意が必要です。

店舗によっては20代後半や30代以上の人を採用しないこともありますし、未経験や経験がほぼない場合は、年齢が高くなるとなおさら厳しくなります。

エステティシャンを目指すのであれば、少しでも早く活動を始め、サロンスタッフや客の年齢層も考えた上で就職先を選ぶようにしましょう。

エステティシャンの志望動機・面接

エステティシャンの採用は、面接で決まると言っても過言ではありません。

エステティシャンは接客業のため、相手に与える印象やコミュニケーション能力が問われるためです。

緊張しても明るくはきはきと受け答えができるように、しっかりと自分の言葉で志望動機を話せるようにしておきましょう。

エステティシャンの志望動機と例文・面接で気をつけるべきことは?

就職先はどのように探したらいい?

エステティシャンの求人の多くが、無料の求人誌やインターネット上の人材募集サイトに掲載されています。

エステ業界は広告代理店とのつながりを持っているサロンが多いため、ハローワークなどよりも、むしろ求人誌へ掲載することのほうが多いです。

急いで人材を探しているサロンもたくさんあります。週間の求人誌に掲載されていた場合は採用までの期間が短いため、早めに応募しましょう。