エステティシャンは副業でも働ける?

エステティシャンの副業・在宅での働き方・仕事内容

副業で働くエステティシャン

美容はいつの時代も女性にとって関心を持たれやすい分野であり、最近ではエステティシャンを副業で始めようとする人が増えているようです。

エステ業界は慢性的な人手不足といわれており、未経験者や経験の浅い人でも積極的に採用する店舗が多くあり、特に20代など若い人の需要は大きいようです。

フルタイム勤務の正社員のみならず、短時間だけ働けるアルバイトやパートとしての求人も多いため、副業として働きやすい職業といえそうです。

副業での仕事内容

副業としてエステティシャンの仕事をする場合、お客さまに対して施術をするケースと、雑務やアシスタントとしての仕事を任されるケースの2通りがあります。

自らお客さまに施術をする場合、基本的には専業のエステティシャンと同じく、エステの施術に必要な知識や技術を身につける必要があります。

ただし、場合によっては他のエステティシャンのサポートや、受付の仕事だけを任されることもあります。

店舗によって考え方が異なるため、事前によく確認しておいたほうがよいでしょう。

副業・在宅のエステティシャンとして働くには?

副業として働く場合、まず本業の仕事に支障が出ない求人を探すことが重要です。

副業のエステティシャンのなかには、平日はフルタイムで別の仕事をし、土日を使ってエステサロンで働いている人もいるようです。

副業として働こうとする場合、休みが希望通りにとれるのか、1日の勤務時間はどれくらいかなど、きちんと相談できる職場を選ぶことが必要です。

注意したいのは、副業だからといって決して手を抜いてはいけないということです。

エステティシャンはお客さまの身体に直接関わる仕事のため、職場では責任感をもって、本業と同じような気持ちで仕事をすることが求められます。

またエステティシャンとして働くからには、自分自身の見た目も気に掛けなくてはなりません。

痩身エステで働くエステティシャンが太っていては説得力がありませんので、自分自身も美容に関心を持ち見た目の美しさに気を配ることが必要です。

副業のエステティシャンのメリット・デメリット

エステティシャンを副業で行うメリットとしては、収入を増やす意味だけでなく、スキルが身に就くということが挙げられます。

立場おえ副業だとしても、少しずつエステティシャンのスキルを磨ける環境であれば、そのうちこの仕事を本業にすることもできるでしょう。

ただしエステティシャンは体力勝負のため、本業のエステティシャンでも体力的につらいと感じることが多い仕事です。

本業に差支えが出る場合もあるため、仕事量や時間を調整する必要があるでしょう。

副業のエステティシャンの給料・年収

副業でエステティシャンとして働く場合、多くはアルバイト・パートとしての採用のため、時給で換算され、勤務した時間により給料が出ます。

時給は1000円前後というところから、経験がある場合は1500円以上というところもありかなり差があるようです。