エステティシャンの働き方の種類とその特徴

エステティシャンの雇用形態

エステティシャンは、正社員以外にもアルバイトや派遣など、さまざまな雇用形態があります。

自分の現在のスキルや目指す姿、働き方をよく考えたうえでエステ業界に飛び込みましょう。

正社員のエステティシャン

エステティシャンを目指す場合、サロンなどに正社員として就職をするという流れが一般的です。

ただし、未経験からいきなり正社員に登用されることは少なく、エステの専門学校やスクールに通って基礎的な知識と技術を身につけたり、アルバイトとして経験を積んでから正社員としてキャリアアップするというエステティシャンが多いです。

派遣のエステティシャン

双方にメリットのある派遣のエステティシャン

「フルタイムでの勤務は無理だけれど、身につけたスキルを生かしたい」「まずは派遣社員として自分に合う仕事かどうか見極めたい」という人が、派遣のエステティシャンを選んでいるようです。

派遣社員を雇うことはサロン側にもメリットがあり、「忙しい時間帯だけ追加のスタッフが本しい」「派遣社員としてきちんと働いてくれる人だけを正社員に登用したい」といった考えがあるサロンの場合、積極的に派遣社員を採用しています。

派遣社員は、給料が月給制ではなく時給制であったり、正社員に比べて待遇面が劣ったりすることが多いですが、その分拘束時間が短かったり、スケジュールに融通が利いたりするなどメリットもあります。

希望するサロンへ正社員として就職するために、まずは派遣社員として力を身につけ、ステップアップを目指すエステティシャンも少なくありません。

派遣のエステティシャンとして働くには

派遣会社のなかには、美容業界やエステティシャン専門の人材派遣会社があります。

派遣のエステティシャン志望者は、こうした派遣会社に登録し、自分の希望に合ったエステサロン等を紹介してもらい働きます。

正社員と同等の仕事を任されることもあれば、正社員のサポート的な仕事を任されることもあるなど、仕事内容はサロンによってまちまちです。

エステティシャンとしての知識や経験を生かし、より上を目指すためのステップにしたいのならば、条件だけでなく仕事内容も確認して勤務先を決めるとよいでしょう。

アルバイト・パートのエステティシャン

アルバイトをしながらスクールに通う人も

エステティシャンは必ずしも資格を必要としないためアルバイトやパートとしても働くことができます。

アルバイトやパートは、正社員よりも未経験者で採用してもらいやすくなります。

その代わり、第一線でお客さまに施術をするというよりも、雑務を任されることが多くなります。

短時間だけエステサロンで働きながら、エステのスクールに通ってステップアップを目指す人も多くいます。

アルバイト・パートのエステティシャンとして働くメリット

エステティシャンの労働時間が長いことで知られています。

正社員であれば、閉店後もミーティングや講習会などがあり、毎日遅くまで拘束されることも少なくありません。

一方、アルバイトの場合は決まった時間のみ働くことができ、プライベートとの両立もしやすいです。

また、エステ業界を知り、自分に合っているかどうかを確認したいという場合、アルバイトからスタートするのもよいかもしれません。

アルバイト・パートから正社員への道も

長年アルバイトとして働き、エステティシャンとしての力を身につけていけば、正社員に登用されることもあります。

ただし、エステ業界は人の出入りも激しく、後から実力のある人がどんどん入ってくる可能性もあるため、努力しなければ簡単に追い抜かれてしまうでしょう。

もしエステティシャンとして活躍できるようになりたいのであれば、「アルバイトだから」と気を抜くのではなく、正社員以上に努力する気持ちが必要です。

もし勤め先で正社員登用制度がなくても、実力があればより良い条件の会社へ転職できるはずです。

フリーランスのエステティシャン

フリーランスのエステティシャンとして働く場合は、独立・開業して自分で店舗を構えるケースと、特定の店舗を持たず、複数の店舗を掛け持ちして働くケースがあります。

独立・開業した場合は、施術だけでなく店舗の集客や運営まで行わなくてはなりませんが、自分の思い通りの施術や店舗づくりを行うことができ、自由度の高い働き方ができます。

特定の店舗を持たずにさまざまな店舗を掛け持ちしたり、お客さまの自宅やオフィスに伺って施術をする出張エステティシャンとして活躍したりする人もいますが、所属する店舗という後ろ盾がない分、専門的な知識と施術の腕が必要です。

副業・在宅のエステティシャン

副業としてエステティシャンの仕事をする場合、お客さまに対して施術をするケースと、雑務やアシスタントとしての仕事を任されるケースがあります。

エステティシャンは短時間のみのアルバイト・パートの求人も多いため副業として働きやすい仕事と言えますが、体力勝負の仕事のため本業に支障の出ない範囲を見極める必要があるでしょう。