情報学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:7分44秒)
私立理系大学 情報学部 情報学科卒業生の体験談・口コミ

情報学科を目指した理由

情報学部を志望した一番の理由は、昔からパソコンをいじることやインターネットを利用することが好きだったからということです。

それと、今後はさらに情報化社会が進むので今の時代に一番必要なスキルが身に着けられると思ったからです。

情報学科で学んだこと・役に立っていること

情報学部で学んだことで今一番役に立っていることというと、何と言ってもプログラミングのスキルです。

プログラミングができると自分の作りたいものを作ることもできれば人が望むものも与えられるという喜びを得ることができます。

情報学科の雰囲気

理系というだけあって男女比は男:女=8:2もしくは9:1くらいだと思います。

しかし、皆さん自分がやりたいことがありこの学部に来ているので勉強に対する意識は高いかと思います。

内気な性格の人もいれば、コミュニケーション能力の高い人もいてさまざまです。

情報学科の楽しかったところ

楽しいところは、理系なのでさまざまな実験ができるところかと思います。

班メンバーと協力しながら実験に取り組むことが多いので自然としゃべるようになり、友達も増え、専門知識も身につくという、いいこと尽くしだと思います。

それと、私立だということもあり実験機材も質のいいものをそろえており、内容の濃い実験をすることが出きます。

情報学科のつらかった・大変だったところ

一番大変だったのは実験+レポートです。

実験は楽しくもありますが、測定などを間違えると再実験となりかなり時間がかかってしまうことになるからです。

それと、実験後のレポートを期間内に仕上げないと単位認定されないというのもつらかったです。

情報学科の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路としては、通信業などのネットワーク回線の設計・設備・管理をする企業に勤める人と、プログラマーシステムエンジニアといった主にネットワークを利用するうえで必要となってくる土台の部分を作る企業に勤める人が多いです。

中には数学・理科の教員になる人も一定数います。

卒業後の所感・メッセージ

どこの大学でも最初の一年は基礎中の基礎からやることもあるかと思います。

なので理解している人には退屈に感じるかもしれませんが、3,4年になると基礎ができないと何も理解することができません。

1年のうちにすべて復習してくれるというのはすごくありがたかったです。

私立大学 知能情報学部 知能情報学科卒業生の体験談・口コミ

知能情報学科を目指した理由

宇宙に興味があり、また、小さい頃より、モノ作りが好きで、宇宙に関わるモノ作りがしたいと思っていました。

高校時代、理系でしたので、将来は、モノを作る仕事に就くのかなと薄々と感じていました。

しかし、大学を卒業し就職しても自分の好きなことで仕事をしたいと想い、この学科を目指しました。

知能情報学科で学んだこと・役に立っていること

プログラミングについて学びました。

今勤めている会社は、そのスキルが買われ転職に成功しました。

卒業研究の際に、エクセルやワードなどを使用していたため、社会に出でも困らない程度のスキルが身につきました。

知能情報学科の雰囲気

理系のため、性格はどちらかと言うと大人しい学生9割、残り1割は体育会系ノリの学生です。

男女比としても、男性9割に対して、女性1割と言ったところです。

100人以上在籍していた学科ですが、学科が特有なのか女性の人数は2桁もいません。

知能情報学科の楽しかったところ

何を学ぶにしても、新鮮で、新しいことに次々にチャレンジしていける環境が非常に恵まれていたと感じます。

卒業論文の発表が迫ってきて、夜遅くまで皆で論文を書いていた時は、大変さもありましたが、皆でやっていることに楽しさを感じていました。

知能情報学科のつらかった・大変だったところ

プログラミングを学ぶことが非常につらかったです。

プログラミング自体、大学で初めて学ぶことでしたので、元々高校時代、プログラミングをしていた子とレベルが雲泥の差だったので、プレッシャーに負けそうになり、大変でした。

知能情報学科の卒業後の就職先・進路

理系の大学を卒業したからと言って、皆がメーカーに就職するとは限りませんでした。

中学や高校の数学教師、公務員、地元企業、実家の仕事を継ぐ、大学院に進学など、それでも、私を含め、メーカーに就職した学生も大勢いました。

卒業後の所感・メッセージ

1,2年時は、広く浅く学問が学べ、そこで興味を持ったことに対して、3,4年時、学びを深くして行けたところが良かったです。

人生の中で一番時間があるのが、大学時代だと思います。

さまざまなことを学び見聞を広め、卒業後の人生に役立てて下さい。

地方工業大学 情報工学部 情報ネットワーク学科卒業生の体験談・口コミ

情報ネットワーク学科を目指した理由

当時、これからはITをもっと使いこなせないといけない、という強い思いがあり、コンピュータ系の勉強ができる大学を目指しました。

また、私の父がコンピュータ関連の企業で働いていたため、どんな仕事をしているのかを詳しく聞けたことも、決め手となりました。

情報ネットワーク学科で学んだこと・役に立っていること

現在SEとして働いているため、仕事で非常に役に立っています。

IT技術は日々進化しているため、当時学んだことがそのまま活かせているとはいい難いですが、大学時代で学んだ情報工学の基礎があるからこそ、現在の技術の進歩についていけていると感じています。

情報ネットワーク学科の雰囲気

男女比としては、男性80%、女性20%くらいの割合でした。

勉強熱心な人が多く、進んで勉強している人が多かった印象があります。

学科柄、パソコンが好きな人が多かったですが、いわゆる「オタク」という感じではなく、これからの将来を考えてITを学んでいる人が多い、という印象でした。

情報ネットワーク学科の楽しかったところ

私は大学でプログラムを始めて学びましたが、プログラムの授業はとても楽しかったと記憶しています。

自分でプログラムを作成し、思ったように動くようになった時の嬉しさは忘れられません。

卒業研究でもプログラムを用いたシステム開発を行い、4年間楽しく学ぶことができました。

情報ネットワーク学科のつらかった・大変だったところ

私が大変だったと感じているのは、卒業研究で行ったシステム開発です。

卒業研究では、基本、自分自身で学習しながらシステムを開発するため、頼れる人がいないというところが大変でした。

開発に行き詰ると、本屋や図書館を行き来して、なんとか解決方法を見出していました。

情報ネットワーク学科の卒業後の就職先・進路

私の卒業後の就職先は、ソフトウェア開発を行っている会社に勤めました。

私の周りでも、ソフトウェア開発業を就職先に決めた人が一番多かったと記憶していますが、大手メーカーやセキュリティ関連の職など、幅広い就職先がありました。

卒業後の所感・メッセージ

私はこの学部・この学科に進学して、本当に良かったと思っています。

大変なこともありましたが、それが自分自身のためになっていたということを、社会人になってしみじみと感じています。

どんな大学を選んでも、しっかりと目的をもって勉強すれば、必ず役に立つ日が来ると思います。

将来をしっかりと見つめ、自分にとっての良い大学を見つけ出して下さい。

私立大学 情報通信学部 情報IT学科卒業生の体験談・口コミ

情報IT学科を目指した理由

昨今、IT産業の動きが活発になっている状況を受け、今後も衰退することなく発展が予想される分野であると確信していました。

IT産業のさらなる発展に貢献できるような人材に成長するために、大学でITを学べる学部をめざしました。

情報IT学科で学んだこと・役に立っていること

専門知識もさることながら、私自身一番学べてよかったと感じることは「アルゴリズム」についてです。

「アルゴリズム」とは簡単に言うと仕組みを理解することですが、この仕組みを理解するという考え方は社会に出て一番重要だと感じたポイントだからです。

情報IT学科の雰囲気

学生のほとんどは男性です。

男女比でいうとおよそ8:2程度で男性が圧倒的に多いです。

ただやはり同じ志を持った学生が集まっていることもあり、雰囲気はかなりよく話の合う人ばかりで溶け込むのにはそれほど苦はないと思います。

情報IT学科の楽しかったところ

とにかく授業は楽しかったです。

自分自身の知識が授業を通して深まっていくことを直に感じることができるのは、とても楽しいことだったと思います。

ただ、授業以外にも休み時間に友人とゲームをするなど、授業以外でも楽しい時間は多かったと思います。

情報IT学科のつらかった・大変だったところ

いくら自分が興味のある分野といえど、躓くところは躓いてしまうので、そこがつらかったところだと思います。

躓くにしてもレベルがあり、ちゃんと思考すれば自力で解決できる問題と、自分ではどうすることもできない問題がありました。

そういった時に周りの人にどれだけ頼れるかが重要だと感じました。

情報IT学科の卒業後の就職先・進路

IT業界がやはり一番多かったと思います。

一般企業(たとえば営業等)に就職した人はかなり限られていたと思います。

特にプログラマーやSEになった人が多く、自分の夢をかなえられた人は多かったのではと思います。

卒業後の所感・メッセージ

全体を通してとても満足のいく学部だったと思います。

ただ、やはり自分が何をやりたいのか、どうしていきたいのかをしっかり考えた上で授業を受けないと身に入ってこないこともあります。

これからIT業界に進んでいきたいと考えている方は、まず自分のなりたい姿を想像し、それに少しでも近づける環境にいけるように、努力するのがいいと思います。