占い師の仕事内容

相談者の悩みを解決に導く

占い師の仕事内容は占いに訪れた相談者の話を聞き、問題点を探り、未来を占い、相談者の抱えている悩みを解決に導くことです。

その過程においては、問題に対する専門的な知識が必要になることもありますし、開運法や行動指針など状況を改善するアドバイスをすることもあります。

占う環境によってニーズが異なる

占い師が占う環境には、主に「対面」「電話」「ネット」「メール」の4種類があります。

対面占いの場合、相談者は事前に質問内容を整理している場合が多く、占い師の仕事は「占い」と「問題に対するアドバイス」が中心となります。

電話占いの場合は、占い師は相談者の顔を見ずに電話で話をしながら占います。

顔を見せないで話せるということ、思い立ったらすぐに相談できるということから、電話占いの場合は相談内容が漠然としていることも多く、占いの結果を伝えるよりは「相談者の求める答えを探り、願望成就の手助けをする」といった要素が強くなります。

また、相談者の状態によっては、カウンセリング的な要素が求められることもあります。

ネット占い(Webカメラとマイクを使った占い)は、位置づけとしては電話と対面の中間になります。

この場合、占い師の仕事は相談者の悩みに答えを出し、良い方向に導くことが主な仕事です。

メール占いの場合は、相談者が内容を絞っていることもあり、相談内容に対してのみの答えとなります。

相談内容はさまざまですが、内容が複雑なもの、悩みが深いものが多いという特徴があります。

主な相談内容

占い師のもとに来る相談の多くは恋愛問題です。とくに最近は不倫や略奪愛、失恋、復縁の相談が多いといわれます。

ただ、対面占いの場合は恋愛問題以外にも相談内容は幅広く、金銭問題や事業の問題、仕事の相談、子供の名付け、土地購入、家の新築・改築、家相、家族の病気など、内容もさまざまです。

相談者の傾向

占い師のもとに訪れる相談者は、深い悩みを抱えた人ばかりです。中には精神的に追い詰められている人もいて、そういう人にはデリケートな対応が必要となります。

そのため占い師は言葉尻や口調、表情、身振りなどすべてを使って相談者の警戒心を癒し、ときにはカウンセリングも交えながら話を聞き出します。