探偵は危険?

社会の「裏」を見るような依頼もある

探偵は、相談者からの依頼を受けて、さまざまな調査等を行う仕事です。

現在、探偵社に舞い込む依頼内容の7割程度は「浮気調査」だといわれています。

そのため、映画やミステリー小説のように、事件の全面に立って探偵が殺人犯を追うようなことは普通ありません。

しかしながら、多くの探偵社では浮気調査以外のさまざまなケースにも対応しており、依頼内容によっては、暴力団、闇金融、過激派団体…など、社会の陰に潜んでいる人たちに、あえてアプローチしなくてはらないこともあります。

探偵は、警察とは違って逮捕権もなければ、武器を所持することも認められていません。

そのため、命の危機にさらされるような行動は普通とりませんが、日常生活では見ないような場面に遭遇したり、社会のドロドロした部分にも触れる可能性はあります。

危険のリスクを減らすために

探偵は、警察が介入できない民事事件に対応し、依頼人の要望に応えるべく、さまざまな状況証拠を集めていきます。

尾行や張り込み活動を行う中で、万が一、ターゲットが刑事事件に巻き込まれるようなことがあれば、依頼人の了解を受けて警察に知らせることも行います。

先に述べたとおり、探偵は、常に危険にさらされる仕事ではありませんが、一般の人々からすれば特殊な存在であることも事実です。

もし探偵として働いていくのであれば、探偵学校で学んだりや探偵社での現場経験を通じて、「どこからが危険」「こういうケースではどのように行動すべき」といった探偵の知識やノウハウを、きちんと身に付けていくことが必要になります。

なお、健全な運営を行っている探偵社であれば、始めから危険だとわかる依頼は承りません。危険のリスクを減らすためにも、探偵としての勤務先はしっかりと考えて選びたいものです。