庭師の仕事内容

個人宅の庭造り 庭師とは、主に個人宅の日本庭園を造り、手入れをして庭の維持管理をする職人です。樹木や草の特性、日当たり、水の流れなどを考慮し、依頼主との話し合いの上、庭を造ります。 難しいのは、ただ言われた通りの仕事をす … >>続きを読む

庭師の現状と将来性

個人邸宅からの需要は高い 現在の住宅を見てみるとそのほとんどが洋風建築であり、和風建築は減少傾向にあります。これに伴って、庭師が専門とする日本風の庭園を依頼する個人邸宅も少なくなってきているのが現状です。 しかし、庭師の … >>続きを読む

庭師の1日

一日の流れ 庭師の仕事は屋外で行われるものがほとんどです。そのため、工期が限られている場合を除いては、太陽が出ている間が作業時間ということになります。 タイムラインに沿って一日の流れを見てみましょう。 7:20 出勤 ミ … >>続きを読む

庭師のやりがい

顧客の笑顔のために 庭師の仕事は庭木の剪定を始め、害虫の駆除や外構の施工など多岐にわたる客からの依頼で成り立っています。 作業の過程で依頼主からの喜びの声や感謝の気持ちを直接耳にすることができることは庭師にとって何よりの … >>続きを読む

庭師のつらいこと、大変なこと、苦労

雨の日は商売あがったり 庭師の仕事のほとんどは屋外で行われるものです。そのため、雨や雪の日は作業をすることができず、休みにしなければなりません。 また、庭師は庭木の剪定等、高所での作業が多いため、強風の日も仕事を制限され … >>続きを読む

庭師と植木屋の違い

周辺環境も庭師におまかせ 庭師とは、古くは園丁(えんてい)などとも呼ばれた「庭を造る」職人のことを指します。 庭石、樹木や池、水路から芝などを含めて、庭を一つの造形空間として設計施工、製作することを生業にしているのが庭師 … >>続きを読む

庭師の道具

職人にとって道具は命 すべての庭師は、その人だけが持つ、大切なこだわりの道具を間違いなく持っているはずです。それぞれが大きさや重さ、用途、色、機能、感触などで道具を選び、自身の身体の一部として大切にしています。 中には、 … >>続きを読む