庭師の現状と将来性

個人邸宅からの需要は高い

現在の住宅を見てみるとそのほとんどが洋風建築であり、和風建築は減少傾向にあります。これに伴って、庭師が専門とする日本風の庭園を依頼する個人邸宅も少なくなってきているのが現状です。

しかし、庭師の仕事は造園工事だけではありません。木の剪定や伐採、除草、草刈、施肥など、庭周りの管理全般を請け負えるのが庭師の強みです。

季節によっては、害虫駆除薬剤の散布や害虫駆除を依頼されることもあります。

庭周りの相談事に複合的に応じることができるという点は顧客側にとっても大きなメリットであるといえるでしょう。

庭木から離れたこんな仕事も

庭周りの依頼に限らず、エクステリア工事や雨樋清掃、防草シ−トや砂利の設置なども請け負っている庭師も増えてきています。

中には独自に資格を取って家屋の解体、内装等を行っている庭師もいるほどです。

和風建築の減少に伴う庭園施工業務の衰退という時代の変化に応じて、庭師の業務は範囲を広げています。言わば暮らしの便利屋さんとでもいうべき庭師も増えてきているのが現状です。

庭師が扱う庭園の現状

前述のとおり、現在の住宅の主流は洋風建築です。そのため、住居の意匠に合った洋風の庭園を希望する人は増加しています。

今後、庭師として仕事を得るためには、従来の日本式の庭園造りのノウハウを引き継ぐだけではなく、洋風庭園に関して理解を深めるなど、積極的に、新しいやり方を受け入れていく必要があるといえます。

庭師としての将来性

庭師の仕事の場は多岐に渡ります。日本全国の、家や公園、工場、ゴルフ場、公道。すべてが職場となりえるため、庭師の仕事が不要となることはなく、需要は安定しています。

また、今叫ばれている環境問題やエコに関する意識の高まりに伴い、地球温暖化の防止のための緑化政策が今後も広がっていくと考えられます。

その施工には専門の技術を持った庭師の力が必要不可欠です。庭師の仕事は環境保全にもつながっており、その期待も大きくなっていくと考えられます。

これからの庭師に求められる仕事

最近では、都心のヒートアイランド現象を緩和させるため、屋上や壁面を緑化する方策が立てられています。

ヒートアイランド現象は、都心の気温が、相対的に高くなることです。等温線を引くと、都心部を中心として、島のような形ができるため、このような名前がついています。

緑地を増やすことで、この現象を緩和することができるといわれています。

東京都などには、屋上の緑地化が義務付けられている地域もあります。このような場所が、今後、庭師の活躍の場として広がっていくかもしれません。