仲居の仕事内容

旅館の顔

仲居は旅館を訪れた宿泊客が最も密に接する従業員です。

玄関で客を迎えた後、荷物を預かり、大浴場や食堂、売店など館内の案内を行いながら部屋に案内します。

部屋に着いたらお茶を入れ、設備の使用方法や非常時の避難経路を伝えます。

この一連の業務を行う仲居の所作や応対で旅館の第一印象が決まるといっても過言ではありません。

心をこめておもてなし

仲居が次に客と顔を合わせるのは食事の時。

配膳時に、各料理の説明をし、飲み物の注文をとります。

その際、料理に関する質問を受けることも多いため、あらゆる角度からの十分な予習が必要になります。

板前の料理に対する熱い思いが客に伝わるかどうかは仲居の配膳にかかっているともいえます。

旅行の最大の楽しみを食事であると考えている人は非常に多いため、前項同様、旅館の評価に直結する重要な役割を担っているといえるでしょう。

食事が終った後は迅速な下膳を行い、会場を次の食事ができる状態に整えます。

また、部屋食の場合は続けて布団の準備を行うこともあります。

観光ガイドとしての一面も

周辺の観光案内は一通りできる存在である必要があります。

客の多くは旅行先の土地勘がありません。

中には滞在中の過ごし方を決めていない客もいます。

旅館を訪れた全ての人が旅行を最大限に楽しめるようにサポートするのも仲居の大切な仕事。

周辺のおすすめスポットの紹介はもちろん、近道やガイドブックには載っていない地元の名店などの有益な情報を持っておくことが求められます。

加えて、タクシーの手配やバスの時刻表案内、店の予約といったサービスを行う場合もあります。

帰った後も心を尽くす

客が帰る際は荷物を持って玄関まで見送ります。

またこの旅館に来たいと思わせるような心を込めた対応が必須です。

また客が帰った後にお礼状を書いて送る旅館もあります。

そういった業務も仲居が行う場合があります。

館内のオールラウンダー

旅館によっては売店の店員や館内の清掃も専門の従業員ではなく、仲居が行います。

仲居が送迎を行っている旅館も珍しくありません。

メインとなる業務は前述のとおりですが、それぞれの旅館によって付帯業務が追加されることもあることを留意しておきましょう、