仲居に向いてる人、適性

誰とでも友好的に付き合える

旅館の客層は乳幼児から高齢者までと非常に幅広いものです。

男女も偏りがない上、一人旅の人もいれば、団体客もいます。

基本は同じであっても一人ひとりのお客さんに応じて接客を少しずつ変えていく必要があります。

そういった工夫を楽しんですることができ、どのような相手でも打ち解けられる人は仲居として十分やっていける資質があるといえるでしょう。

日本の文化に関心が強い

仲居が提供するおもてなしの心は日本古来より大切にされてきたもの。

これを継承し、この先も続けていくことが仲居に課せられた使命ともいえます。

日本の歴史や文化に興味関心のある人は何より、この仕事を心から楽しんでできるでしょう。

旅館を利用する客も仲居には伝統的な側面を求めていることを心得ておいてください。

国際交流を積極的にできる

日本における外国人観光客を増加する一方。

旅館の利用客も国際色がかなり豊かになってきています。

語学力に長けている人は仲居として今後ますます活躍の場が広がっていくと言えそうです。

しかし国際交流スキルは決して語学力だけに限定されるものではありません。

表情や伝えようとする気持ち、何より相手が誰であっても打ち解けたいと感じる積極性があればそれは仲居としての適性の一つを満たしているといえるでしょう。

人並以上の体力がある

仲居の仕事が肉体労働であることは周知のとおりです。

常に立ち通しであるばかりか重いものを持つ機会も頻繁にあります。

体力は必須です。

運動経験のある人は比較的スムーズに仕事ができるかもしれません。

また、膝や腰を痛めやすい職種です。

日頃からのケアを怠らない人は重症化させることなく長く仕事ができるといえます。

言葉使いが丁寧で礼儀正しい

仲居として必要な知識や礼儀作法は入職後にしっかりと指導され経験と共に定着していくものですがやはり普段から美しい言葉遣いを心掛けている人には是非目指してほしい職業の一つであるといえます。

また部活動等で身に付けた礼儀も存分に発揮できる場面に恵まれるでしょう。