海外ツアーガイドのつらいこと、大変なこと

心身ともにハードな仕事

海外ツアーガイドは、体力も精神力も求められる仕事です。

この仕事は基本的にオフィスワークではなく、外を歩き回って、声を出して説明しながら、お客さまを案内していきます。

想像以上に体力を消耗しますし、1日の仕事を終えるとヘトヘトになることもよくあります。特に真夏や真冬、雨や雪などの悪天候の日などは苦労を感じるでしょう。

また、若い人からお年寄りまで幅広い年代の人と接しますし、ただガイドするばかりでなく「ちゃんと話を理解してもらえているかな?」「体調の悪い人はいないかな?」など、常に気を張っていなければならないのも大変なところです。

さまざまな考え方を持ったお客さまとコミュニケーションをとっていくことは、この仕事の楽しさや魅力でもあるのですが、ときにはそれがストレスだと感じることもあるかもしれません。

忙しさの波が大きい

海外ツアーガイドの仕事は、繁忙期と閑散期の仕事量にだいぶ差があります。

日本でいうゴールデンウィーク、お盆、年末年始、ハネムーンシーズンなどはお客さまの数も多く、ほぼ休みなしで1ヵ月間働くこともあります。

一方、ピーク時を超えると仕事は一気に減ります。

固定給ではなく、案件ごとに時給や日給で給料をもらっている場合、仕事が少なければその分だけ収入も減ってしまいますから、不安定な生活を強いられることになるでしょう。

自分がいくら「仕事をしたい!」と思っても、時期によってはなかなか仕事がもらえないこともあります。

給料はあまり高くない

海外ツアーガイドの仕事だけで生活していきたいと思っても、なかなか理想通りにはいかないかもしれません。

「就労ビザ」を取り、現地の企業で正社員として採用されれば別ですが、海外ツアーガイドは多くの人が「ワーキングホリデービザ」を利用したアルバイトとして働いています。

時給もそこまで高い水準の仕事ではないため、レストランやギフトショップの店員など、他のアルバイトと掛け持ちしながら何とか生活しているという人も少なくありません。

実績やコネクションができるまでは、低い給料で経験を積んでいくことも覚悟しておいたほうがよいでしょう。