中卒、高卒から医療事務になるには

特別な学歴や資格はなくても働ける

医療事務になるうえで、「絶対にこの資格が必要」や「この学校を出ていないといけない」といったことはありません。

また、年齢もさほど問われることなく、若い人から年配の人まで、幅広い世代の人が医療事務として活躍しています。

実際、医療事務になる人の歩んできた道のりはさまざまで、一般的な会社員のように大学を出て企業へ就職といった形とは異なる場合も多いようです。

医療事務の資格試験に関しても、ほぼすべて学歴問わず受けられるようになっています。

学歴不問の求人も多い

医療事務の求人を探してみると、そこには「学歴不問」と書かれているものも多数見受けられます。

つまり、中卒や高卒であっても、医療事務として受け入れてもらえる可能性は十分にあるということです。

この仕事は専門知識やスキルがあれば歓迎されますが、未経験だっても病院によっては受け入てもらえることがあります。

その場合は仕事をしながら医療事務としての勉強をし、資格を取得していくといった流れになるでしょう。

大卒以上でなくては就職が難しいケースも

しかし気を付けておきたいのは、「学歴不問」となっている場合でも、中卒や高卒の人と大卒の人が同時に応募した場合には、大卒が優遇されやすいということです。

学歴だけですべてが判断されるわけではありませんが、病院側としては、同じような経験やスキルであった場合には、少しでも能力がありそうだという観点から、学歴の高い人を採用したがる傾向にあるようです。

また、大学病院や私立の大きな病院では、医療事務であっても大卒であることを採用条件とするところもあります。

それ以外の個人病院でも、「高卒以上」であるほうが就職できる可能性が高まるという声も聞かれます。

中卒でも医療事務として採用されることはありますし、資格も取得できますが、余裕があれば、高校卒業の条件は満たしておくほうが希望の就職先を見つけやすくなるかもしれません。

仕事体験談