医療事務の服装、髪型

服装は制服がある場合が多い

医療事務として働く際に、服装や髪形はどうすればいいのか気になる人は多いようです。

病院によって規定が異なるため絶対的な正解はありませんが、たいていの場合、服装については制服が用意されているため、とくに気にする必要はないでしょう。

職場に着いてから更衣室などで着替えるのが一般的であるため、通勤時は自由な服装をすることができます。

ただし、他の医療事務や職種のスタッフなど、多くの人と一緒に働く場合は、あまりに派手過ぎる格好はしないほうが賢明かもしれません。

制服がない場合は、ストッキングやタイツにシンプルなスカートやパンツなど、オフィスカジュアルのような服装を求められることが多いようです。

髪型は清潔感とシンプルが基本

髪型についても病院によって規定がある場合とない場合がありますが、あまりに派手なパーマスタイルなどの髪型や過度なカラーリングは禁止されることがあります。

とくに病院によっては、医療事務がリハビリなどのサポート業務にも入ることがあり、動くのに邪魔にならない髪型であることが強く求められる場合があります。

ロングヘアであれば一つに束ねておく、ショートカットであっても前髪など邪魔にならないようにピンで止めておくといった具合です。

特別に規定がなかったとしても、「清潔感」は重視されると考えておいたほうがよいでしょう。

アクセサリーやネイルも禁止である場合も

アクセサリーやネイルについても、あまりに派手なものは禁止される場合が多いようです。

ネイルはベージュや薄いピンクなどナチュラルカラーのマニキュアのみ、アクセサリーは結婚指輪のみと規定されている場合もあります。

大切なのは、病院には若い人から高齢者まで幅広い年代の患者さんが訪れるため、どのような人に対しても不快感を与えない格好をすることです。

また、そこには病気やケガを抱えて悩む人も多くいますから、医療事務は患者さんの気持ちに寄り添う必要があります。

自分の個性を前面に押し出すよりも、温かみのある格好と対応をすることが求められるといえるでしょう。

仕事体験談