医療事務になるために勉強すること

レセプト業務に関連する知識

医療事務はさまざまな仕事をしていますが、そのメインになるのが「レセプト作成」といわれる業務です。

レセプト作成業務では、診察の内容に応じた「点数」を計算し、医療費を正しく算定することになります。

そこでは医師が記述したカルテの読み方はもちろんのこと、医療保険制度の仕組みやルールなどに関する専門知識が求められるため、素人がいきなり難なくこなすというのはほぼ不可能です。

医療事務を目指すのであれば、レセプト作成のための勉強に最も時間をかけていくことになるでしょう。

実際、医療事務には複数の民間資格がありますが、資格試験でもレセプト作成の能力を問うものが多くなっています。

また、医療制度は毎年のように改定されるため、最新の情報を入手する必要もあります。

事務処理能力とパソコンスキル

なお、最近ではレセプト業務がIT化されており、パソコンを使った作業となるケースが増えています。

職場によってルールが異なるため、詳しい業務の進め方は職場に入ってから教わることが多いですが、簡単なパソコン操作のスキルがあるとスムーズに仕事を覚えやすいでしょう。

また、「事務職」の一種として、書類整理や郵便物の確認、業者とのやりとり、ファイリングなどの作業もあるため、事務処理能力は身につけておいて損はないでしょう。

窓口対応に関するスキルも必要

医療事務はレセプト業務以外にも、受付窓口で患者さんの対応を行います。

診察券を受け取り、症状を確認してカルテを準備し、診察が終われば会計を行います。

また、問い合わせなどの電話対応をすることもよくあります。

このような業務を通じて患者さんと直に接する機会が多い医療事務は、まさしく「病院の顔」となります。

医療事務の対応ひとつで病院の評判が変わってくるため、「サービス業」としての認識を持ち、ホスピタリティ精神やコミュニケーション能力を高めることも大切です。

仕事体験談