秘書は結婚、子育てをしながら働ける?

グループ秘書であれば働きやすい

せっかく努力して秘書になることができたのであれば、結婚や子育てをしながら長く働きたいと考える人は多いことでしょう。秘書は転勤や出張が少ない仕事なので、その点では続けやすい仕事といえます。

しかし、基本的に上司のスケジュールに合わせて働かなければならないため、結婚や子育て中も働き続けることができるかどうかは、その組織の考え方や仕組みによるところが大きいです。

たとえば、産休や育休を取得しやすい企業であれば子育てが落ち着くまで休むことができたり、大手企業などで「秘書室」に所属し、複数人の秘書がチームとして活躍しているような場合は、自分一人が急に子どもの都合などで早退せざるを得ない場合でも、他の人がフォローしてくれやすいでしょう。

また、秘書のスキルは一生モノですから、産休や育休を取得した後に再び秘書として復帰する人は多くいます。正社員として働くことが難しければ、勤務時間がきっちりと決まっている派遣社員として働く方法もあります。

個人秘書の場合は難しい

一方、外資系企業などで多いケースですが、上司に1対1でつく個人秘書の場合は他の人にフォローしてもらうのが難しいため、どうしても時間の融通が利きにくいといえます。

ただし、個人秘書でも産休・育休中は他の人を秘書につけて落ち着いたらまた復帰できたり、子どもがある程度の年齢になるまでは勤務時間の短縮が認められるケースもあります。その企業や組織によって考え方はさまざまですので、事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

仕事体験談