ディスパッチャーになるには

航空会社への就職を目指す ディスパッチャーは、航空会社の運航管理部門、あるいは運航管理業務を専門に行う航空会社の関連会社に勤務しています。 そのため、ディスパッチャーになりたい場合、まずはこれらの会社に採用されることが第 … 続きを読む

ディスパッチャーに向いている人、適性

物事の計画を立てることが得意 ディスパッチャーは、毎回のフライトごとに気象状況や乗客・貨物の重量等さまざまな情報を集めたうえで、フライトに関する計画書「フライトプラン」を作成します。 こうした仕事柄、たくさんのデータを集 … 続きを読む

ディスパッチャーの資格

関連する資格は2種類 ディスパッチャーとして働くためには、航行中の航空機と交信するために必要な「航空無線通信士」と、運航管理に携わるための「運航管理者技能検定」の2種類の資格を取得する必要があります。 いずれも国家資格と … 続きを読む

ディスパッチャーの求人、就職、採用状況

新卒採用の場合 ディスパッチャーになるためには、航空会社に就職し、運航管理業務を行う部門に配属され、経験を積んでいく必要があります。 ただし、ここで注意しておきたいのは、新卒採用の場合、希望した全員が必ずしもディスパッチ … 続きを読む

ディスパッチャーの志望動機、面接

志望動機の例 航空機は、誰か一人の手で飛ばすことはできません。パイロットはもちろん、客室乗務員(CA)、グランドスタッフ、整備士など、さまざまなスタッフがそれぞれの役割をまっとうし、安全で快適なフライトを実現しています。 … 続きを読む

ディスパッチャーへの転職

未経験での転職は難しい ディスパッチャーとして働くためには、航空会社等で一定期間の運航管理業務経験を積んだのち、国家資格である「運航管理者技能検定」を受験し、資格を取得する必要があります。 つまり、未経験者がいきなりディ … 続きを読む

女性のディスパッチャー

女性でもディスパッチャーになれる? 航空業界では、客室乗務員やグランドスタッフなどの職種において女性の活躍が目立つ一方、パイロットや整備士などは、男性の仕事だと思っている人も多いかもしれません。 しかし、実際にはパイロッ … 続きを読む