病棟クラークの仕事内容

医療関係者の仕事をサポート

病棟クラークは、医療のプロフェッショナルである医師や看護師を陰からサポートするのが主な仕事です。

現在、入院施設のあるような大きな病院には病棟ごとに数人の病棟クラークが配置されており、医療関係者が患者のケアに専念できるようにさまざまな仕事をしています。

たとえば、患者が入院する際の書類の受け取りや病室の手配をしたり、ベッドにつけるネームプレートを用意したりするのは病棟クラークの仕事です。

入院患者の名簿を作成したり、一人ひとりのカルテを管理したりすることもあります。

病院によっては、医師が診療を行う前に患者に簡単な問診をして問診票に記入をしておいたり、診療に使う器具の準備をしたりというように、看護助手に近いような仕事を任せられていることもあるようです。

病棟クラークがいることで、医療関係者の仕事の効率があがり、患者さんにもより丁寧な対応をすることができるのです。

今の病院に欠かせない職業のひとつといってもよいでしょう。

病院の中の大切な橋渡し役へ

病棟クラークとよく似ている職業のひとつとして「医療事務」があります。

ふたつの職業は似ていますが、医療事務が会計窓口での金銭授受やレセプトと呼ばれる医療報酬の明細書を作成する作業がメインになるのに比べて、病棟クラークはナースステーションに常駐して医師や看護師など医療関係者のサポートをする作業がメインになるという違いがあります。

病棟クラークは医療事務に比べると、より医療の現場に近い場所で働くことになるといってもよいのではないでしょうか。

ただし、患者が他の病院へ転院する際に他病院への紹介状を用意したり、退院の伝票を処理したりする仕事もあるので、このようなときには医療事務と連携しながら仕事をすることもあります。

病棟クラークは、病院の中で働くさまざまな立場の人との橋渡し役となる職業といっても過言ではありません。