病棟クラークのやりがい・楽しさ・魅力

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

病棟クラークのやりがい・楽しさ

病棟クラークは、患者や医師、看護師など、病棟全体と関わる仕事です。

大変なことも多いですが、やりがいも多い職種と言えます。

患者さんをしっかりサポート

病院というのはいうまでもなく病気やケガを治療する場所ですから、患者さんの中には「これから自分はどうなるのだろう」「入院生活はつらくないだろうか」という大きな不安や心配を抱えてくる人が少なくありません。

そのような人たちの心の負担を少しでも軽くするために、病棟クラークは声のトーンや言葉の選び方、表情など、さまざまなところに気を配っています。

入院にあたって丁寧に説明をしたり優しく声をかけたりすることでホッとした表情を浮かべる患者さんも多く、病棟クラークが果たしている役割がとても大きいことがわかります。

病棟における縁の下の力持ち

最近は医療現場が非常に忙しくなっており、医師や看護師の働きすぎが問題になっている病院もあります。

とくに高齢者や子どもが多く訪れる病院では、患者の数に対して医師や看護師が追い付かず、治療に専念できないほどの忙しさに追われているケースもあるのです。

このような状況では、病棟クラークが果たす役割はさらに大きくなります。

入院や退院、転院に伴う患者さんへの説明や事務手続きを引き受けたり、診察前の簡単な問診や診療に使う器具の準備を担ったりすることが、医師や看護師の仕事を減らすことにつながっていくからです。

優秀な病棟クラークが一人いてくれるだけで、医療現場の混乱や負担は大きく軽減します。

縁の下の力持ちのような存在として、病棟に欠かせない人材であるという実感を持てることも、病棟クラークのやりがいといえます。

人から感謝される仕事

病棟クラークは、人から感謝される機会が多い仕事でもあります。

退院する患者さんに「お世話になりました」「あなたのおかげで安心して治療に専念できました」と声をかけてもらえることもあります。

あるいは、忙しい医師や看護師から「あなたがいなければこの病棟は回らない」「いつもサポートしてくれてありがとう」と感謝されることもあります。

大変なことも多いですが、その分見てくれている人はたくさんいます。

誰かから感謝の言葉をかけられる仕事というのは、大変やりがいのある仕事となります。

病棟クラークの仕事内容

病棟クラークの魅力

全国どこでも働ける

一般企業とは異なり、病院で働く病棟クラークには、この仕事だけの魅力もあります。

まず、病棟クラークの魅力としてあげることができるのが、「全国どこでも働ける」という点です。

病棟クラークの仕事は、一度経験すれば、病院が変わっても即戦力として働くことができます。

ですから、病棟クラークとしてある程度経験を積んでいれば、日本中どこでも活躍することが可能です。

例えば、結婚や家族の転勤など、ライフスタイルの変化に伴い転居を余儀なくされることもあるでしょう。

そういった場合にもキャリアを中断することなく働き続けられることは、病棟クラークの魅力の一つです。

安定した人材需要がある

最近は医療の高度化に伴い、病棟クラークの業務も増えており、また同時に専門性も上がっています。

そのため、最近の病院では病棟クラークの担う役割、必要性が高まっています。

日本では少子高齢化が進み、医療のニーズは今後なくなることはまずないでしょう。

つまり、病棟クラークの人材需要も、比較的安定していると考えてよいでしょう。

景気に左右されることなく安定した人材需要があるという点も病棟クラークの魅力と言えます。

勤務時間が比較的一定している

実際の医療行為を行う医師や看護師とは異なり、病棟クラークは事務作業や全体の調整的な役割が主になります。

病院内の所属としても、事務方に分けられているケースがほとんどです。

24時間365日体制で医療行為を提供している病棟ですが、病棟クラークはほとんどの場合平日日中のみの稼働です。

また、ルーチンワークも多く、慣れてくれば決まった仕事を決まった時間内に終わらせることができるようになってきます。

そうなれば、残業が発生するということもあまりないようです。

医療機関勤務でありつつ、勤務時間が一定しているという点も病棟クラークが好まれる理由の一つです。