女性の病棟クラークのキャリアパス・結婚後の生活

女性の病棟クラークの現状

現在、病棟クラークとして勤務している人材は女性の方が多いと言われています。

これには様々な要因がありますが、病棟クラークの勤務形態として非正規雇用が多いこと、給与が扶養家族を養うには十分とは言えないケースが多いことも理由です。

一方、女性が多い職場だからこそ、女性が働きやすいという側面もあります。

特に、結婚や出産、子どもの独立などの生活スタイルの変化に対する理解がある職場環境なら、希望を伝えやすい病院も多いようです。

ほとんどの場合、病棟クラークの業務は時間内で終了し、残業があまり発生しないというのも女性に選ばれる理由の一つといえます。

病棟クラークの結婚後の働き方・雇用形態

病棟クラークの雇用形態には、働き方に合わせてさまざまな選択肢があります。

病院から直接雇用されている正社員の病棟クラークもいますし、専門の派遣会社から派遣されているスタッフもいます。

あるいは、アルバイト・パートとして働くことも可能です。

病棟クラークの仕事はある程度以上の規模の病院であれば必ず必要となりますから、一度仕事を覚えてしまえば、働く場所を選ばないという特徴もあります。

これは、結婚などライフイベントに伴い生活が大きく変化する可能性のある女性にとって魅力あるポイントのひとつです。

結婚までは正社員として特定の病院に勤めていたところから、結婚を機に退職、派遣社員として同じ病院に勤務し続けているという人もいます。

このケースは、派遣社員であれば残業が発生しにくい病院であるめ、その方が勤務予定を立てやすいことが理由です

また、将来的に夫の転勤などで転居の必要があったとしても、派遣会社が対応しているエリアであれば、別の勤務地・病院で病棟クラークとして働き続けることが比較的容易にできるというのも女性にとっては大きなメリットといえます。

病棟クラークは子育てしながら働ける?

病棟クラークの勤務する病棟は入院施設のため、基本的には24時間体制で人員が配置されています。

しかし、病棟クラークは平日日中のみの勤務で土日は完全に休み、残業も基本的に発生しないという体制の病院が多く、医療機関の中では勤務予定を立てやすい職種であると言えます。

子どもを育てながらの勤務の場合、週末に予定が入ったり、学校が終わる時間には帰宅したいなど、変則的な勤務には対応しづらいこともあります。

そういう事情の場合、医療関連職でありながら規則正しい勤務が可能な医療クラークの仕事は、子育てをしながらでも働きやすい職種であるということができるでしょう。

一方で、突発的な休みに対応してくれるのかどうかについては、病院の体制によって大きく差があります。

複数の病棟クラークでシフト勤務を行なっている場合、代わりの人材が見つかれば比較的簡単に休める病院もあるようです。

一方、病棟に1人しか病棟クラークがいない場合、当日の急な休みには対応が難しい、というケースもあります。

病院の体制や業務量、状況によって異なりますので、実際に勤務先を選ぶ際には、その辺りも確認しておくことがおすすめです。

病棟クラークは女性が一生働ける仕事?

病棟クラークは、女性にとって働きやすい職業の一つです。

その理由として、次の3つを挙げることができます。

(1)雇用形態が多様で、自分に合った働き方を選ぶことができる
(2)専門的な知識が必要であり、一度経験を積めば全国の病院で経験を生かして働くことができる
(3)休みや勤務時間が固定されていることが多く、勤務予定を立てやすい

自分の知識やスキルを生かして柔軟に働き方を選ぶことができる病棟クラークは、結婚や出産育児・介護など、ライフスタイルの変化に合わせて働き方を見直すことができる職業といえます。

もちろん、ブランクが生じれば、医療や制度に関する知識を自力でアップデートする必要が生じます。

しかし、学び続ける努力さえ怠らなければ、女性も一生続けていくことができる職業といえます。