病棟クラークと看護助手の違い

病棟クラークと看護助手の仕事内容の違い

看護助手とは、医療の現場で医師看護師をサポートする役割をする人たちのことです。

看護師や准看護師とは違って看護の専門資格を持っていませんので、注射やケガの手当てなどの医療行為に携わることができません。

入院患者さんの食事の世話をしたり入浴の介助をしたり医療器具の洗浄や運搬をしたり…と、あくまでも医療関係者のサポートをするのが仕事となります。

この「医療関係者のサポートという点」は病棟クラークの立場とよく似ていますし、どちらも病棟の中のナースステーションを拠点に働くという点でも共通しています。

しかし、看護助手が患者さんの身体的なサポートに携わることがあるのに対し、病棟クラークは患者さんのカルテ整理や手続きのサポートをメインにするという大きな違いがあります。

看護助手のほうがより「看護職」あるいは「介護職」に近いのに対して、病棟クラークはより「事務職」に近いという理解をしておけば良いでしょう。

ただし、病院によっては、病棟クラークに患者さんの付き添いを頼んだり薬剤や医療器具の運搬を頼んだりすることはあるので、看護助手と似た仕事を任されているケースもあるようです。

病棟クラークと看護助にのなる方法・資格の違い

病棟クラークとして働くためには、必須となる資格はありません。

多くの場合、自分のスキルや知識を証明するものとして、次のような資格を取得する人も多いようです。

・一般財団法人日本医療教育財団「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」
・「医師事務作業補助技能審査試験(ドクターズクラーク)」
・「医療秘書技能検定試験」
・ 「メディカル・フロント・コンシェルジュ技能試験」

一方、看護助手も同様に、仕事をするために必要な資格はありません。

看護師のサポートをする仕事ですが、基本的に業務を通してスキルや知識を身につけることが多く、その能力を証明する資格を探すことは困難です。

病棟クラークと看護助手の資格・必要なスキルの違い

病棟クラークが病棟全体の雑務や事務作業を担当するのに対し、看護助手は患者さんの生活や治療を直接手助けすることが業務となります。

そのため、業務に必要なスキルも異なります。

病棟クラークは、病棟全体を把握し、細かな業務もこなすことが大変重要です。

病棟内で必要な内容については、比較的幅広く対応することが求められており、ひとつの業務に限らず、多彩な内容を担当するバイタリティも必要です。

一方、看護助手は患者さんの移送や生活のサポートなど、直接患者さんと関わることが業務となります。

そのため、対人コミュニケーション能力が高く、正確に業務を行えることが不可欠です。

また、病院内を忙しく行き来することも多く、体力が必要な職種でもあります。

病棟クラークと看護助手の学校・学費の違い

病棟クラークの資格を取得するには、スクールや専門学校、あるいは通信講座で学ぶことが一般的です。

資格を取得するための代表的な学校としては、専門学校や民間のスクールがあります。

専門学校の学費は1年間で70万円~100万円程度が相場となっており、2年制の学校であれば合計で200万円程度かかることが多いでしょう。

民間のスクールでは、半年程度の講座で30万円程度のものが一般的なようです。

あるいは、通信講座も存在しており、こちらは数万円の費用で資格取得を目指すことができるようです。

一方、看護助手になるためには、資格は必要ありません。

そのため、学校などで学習し資格を取得するというよりは、業務を通じて実践的にスキルや知識を身につけていく人がほとんどです。

病棟クラークと看護助手の給料・待遇の違い

病棟クラークと看護助手では担当している仕事が違うということはお伝えしましたが、置かれている雇用環境という点では共通している部分もあります。

どちらも病院という特殊な場所で慌ただしく働いているものの、看護師のように国家資格が必要とされる職業ではないこともあり、一般的には給料は高いほうではありません。

また、正社員としての雇用が少なく、契約社員や派遣社員、パートなどの非正規雇用の立場で働いている人がとても多い業界だといわれています。

病棟クラークも看護助手も、これからの雇用環境の改善が望まれている職業ということもできます。

病棟クラークと看護助手はどっちがおすすめ?

病棟クラークと看護助手で迷った場合、その業務内容から選ぶことをおすすめします。

病棟クラークは病棟における雑務や事務作業全般を行っています。

そのため、業務内容は多岐にわたり、覚えるべき内容も多いことがほとんどです。

ひとつの業務に限らず、様々な業務のバランスをとりながら自分の裁量において仕事をすることが好きな人は、病棟クラークが向いています。

一方、看護助手は患者さんの生活や治療のサポートがメインの業務です。

車椅子を押したり、松葉杖の患者さんの見守りを行ったり、あるいは病院によっては体を拭くなど簡単なケアを担当することもあります。

人と接することや、直接的なサポートが得意な人は看護助手が向いているでしょう。