通関士に英語力は必要?

通関士に必要な英語力は?

通関士は、海外の貨物に対して通関業務を行うので高い英語力が必要かと思われがちですが、決してそんなことはなく、中学卒業レベルでも十分です。

申請書類には英語で記載されている項目もありますが定型的な内容が多いため、慣れれば問題ありません。

実務で使われる英語や単語は貿易に特化したものばかりですので、学生時代の英語の成績は関係なく、通関士を目指す場合、ほとんどの人がゼロから学ぶでしょう。

試験でも英語の問題は出ない?

試験に英語力を問う問題は出題されません。

ただし、書類作成問題などを見てみるとわかりますが、英語で書かれた「INVOICE」という用紙が付いてきています。

「INVOICE」とは仕入書のことで、申告に必ず必要な書類です。

内容は英語で書かれていますが決まった項目に対しての記載ですので、貨物がわかっていれば理解できる英語です。

慣れないうちは調べたり、先輩に聞いたりするかもしれませんが、どれも定型項目なので実務で何回も経験すれば大体慣れてきます。

試験対策も同様で、過去問題集が公開されていて、市販の問題集もたくさん発売されているので、繰り返し問題を解いていけば書いてある内容で悩むことはなくなります。

専門的な英語も多いため、英語を学ぶというより、専門用語を覚えるという感覚が近いでしょう。

英語力は就職に有利になる?

通関士として働きたい場合、英語力そのもので採用が左右されることはなく「ないよりはあった方がよい」というレベルです。

通関士の代表的な職場である通関業者で働く場合、クライアントの依頼によって通関業務を代行するため、不明点などがあった際はクライアントが海外の担当者とやりとりするため、英語での会話ができなくても問題はないようです。

商社などで働く場合もありますが、実際の通関業務は通関業者に依頼する場合が多く、スムーズな貿易を実現するため間に入って事前準備や通関業者からの問い合わせに対応します。

その際は海外の担当者と英語でやりとりする場合もあるでしょうし、現地担当として赴任することもあるでしょう。

そのような会社の部署で勤めたい場合、英語力があった方が有利といえます。

通関士として英語力を生かしたい場合は?

どうしても英語力を生かして活躍したいという方は、商社など貿易を業務にしている会社へ就職した方がよいでしょう。

実際の通関申告などは通関業者に委託しますが、通関知識を生かして貿易部門を底上げしたり、関連部署をサポートしたりするほか、海外からの問い合わせにも的確に対応できるためタイムロスも削減できビジネスチャンスの損失を防ぐことにもつながります。

ほかに考えられるのは海外で通関士として働くケースです。

ただし、通関士は日本の国家資格なので、海外で活用できるかどうかは何とも言えないところです。

海外で貿易申告等を仕事とする場合は、高いレベルでの英語力に加えて、業務を行う国の言語習得も欠かせません。

ほかにも就労ビザの取得、該当国での通関士ライセンスの取得、採用面接や採用試験など、海外で通関業務を行うハードルは高く、詳細な下調べが必要になるでしょう。