ツアーオペレーターの志望動機、面接

志望動機の考え方

ツアーオペレーターになるうえでも、しっかりとした志望動機を考えることは重要です。

ツアーオペレーターは求人数がさほど多いわけではないため、志望動機にどれだけ自分の熱意を込められるかが、合格を左右するポイントとなってきます。

志望動機に正解はありませんが、ツアーオペレーターを目指す人の志望動機として多いのは「旅行業界で働きたい」「旅をする人のお手伝いをしたい」といった内容です。

旅行に関わる仕事に就きたいと思ったきっかけ、そしてツアーオペレーターという仕事に興味を持ったきっかけが必ずあるはずです。

まずはその点について自分自身とよく向き合いながら考えてみるとよいでしょう。

志望動機のポイント

ツアーオペレーターの志望動機を考えるうえで大事なのは、「なぜツアーオペレーターなのか」を明確にしておくことです。

添乗員、ツアーガイド、旅行代理店の営業など、旅行に関わるさまざまな仕事があるなかで、とりわけツアーオペレーターになりたい理由をしっかりと伝えられるようにしておきたいものです。

ツアーオペレーターは、お客さまの旅の中身を充実させて、支えるという重要な役割を担っています。

ツアーオペレーターの仕事内容よく理解し、そこに対する自分なりの考えや思いを言葉にできるようにすることが大事です。

面接のポイント

ツアーオペレーターの面接では、未経験者の場合は、この仕事に対する意気込みやどのようなツアーオペレーターになりたいかなどを問われることが多いでしょう。

現時点で語学力がどの程度あるかや、海外渡航経験などを確認されることもあります。

経験者の場合は、おもに前職での仕事内容やそこから学んだこと、またスキルについても細かくチェックされることが多くなるでしょう。

一般的な面接とそこまで変わりはないようですが、旅行業界の現状についても調べて、自分なりの意見を言えるようにしておくとよいでしょう。