漁師の働き方の種類・雇用形態

漁師の雇用形態 多くは個人事業主として働く 沿岸漁業に多く見られるような家族規模での漁業は、基本的に自営業とみなされ、個人事業主として働きます。 家族の一人が漁業経営者とされ、それ以外の家族は漁業従事者として扱われます。 … 続きを読む