気象予報士の勤務時間・休日・残業

気象予報士の勤務時間

不規則な勤務が多い

気象予報士は刻一刻と変化し続ける天候の情報を扱うため、朝夕の定時出勤・出社となることは少なく、残業などで不規則な生活になりがちです。

最近では24時間更新される天気予報が身近になりましたが、そうしたサービスの裏側には深夜業務を行う気象予報士の労働があるのです。

時期によっては長時間労働になることも

気象予報士の勤務時間は季節によっても大きく変わります。

農業関連企業やビールメーカーなどにとっては気温・湿度・降水量などのデータが重要なので、夏場から秋にかけては非常に忙しくなりますし、初春には桜の開花前線の情報分析があり、残業が多くなります。

日本は四季が非常にはっきりしていることから、時期によって忙しさが極端に違うことも珍しくありません。

気象予報士の休日

天気予報は24時間365日休むことなく発信される情報です。

暑さや雨や雪など、ときには人命を左右するほど大切な情報となるだけに「土日だから」「お正月だから」休むというわけにはいきません。

気象予報士は土日祝日に休暇を取るのが難しく、一般的にはシフト制での勤務となり、平日が休みになることも多くあります。

大手の民間企業や国家公務員の場合は、長期休暇や有給が比較的取りやすい環境にありますが、中小企業で人手が少ない場合は、長期休暇を取ることも難しいでしょう。

また、休みの予定であっても、急に天候が変わって台風が直撃したり大雨が降ったりして災害が起きると、急きょ出勤しなければいけないということもあります。

自然相手の仕事だけに、思うように休めるわけではないということを知っておきましょう。

気象予報士の残業時間

気象予報士という職業は、専門性が高く安定した雇用が見込めるというイメージがある一方で、早朝から深夜までの長時間勤務があったり休日や休憩時間が少なかったりすることもあります。

ただし、残業手当・深夜手当が充実した職場も多くあり、とくに気象予報士を採用する枠をあらかじめ設けている企業では、こうした雇用条件に気を配っているケースが多く見られます。

気象予報士に夜勤はある?

夜勤のある職場として代表的なものは、メディア関係です。

テレビのニュース番組の裏方として働く気象予報士の場合は、ニュースの天気予報コーナーの時間までに確実に気象予測を立てなければいけません。

メディアは泊まり込みの勤務になったり深夜残業や早朝出勤があったりするのは当たり前の世界なので、どうしても生活は不規則になりがちです。

また民間の気象予報会社であっても、24時間体制で気象予報を行っている場合は、気象予報士も24時間体制で勤務をするのが一般的で、夜勤をすることも珍しくありません。

気象予報士は忙しい? 激務?

気象予報士の忙しさは時期によっても大きく異なります。

安定した穏やかな天候が続いている時期はそれほど忙しくありませんが、大雨の恐れがある梅雨の時期や台風シーズン、冬の大雪の日など天候が荒れる時期には、朝から晩まで一日中気象情報の分析に追われることになり、家に帰れない日が続くこともあります。

近年では「ゲリラ豪雨」と呼ばれる大雨が増えたり、季節外れの大雪が降ったりと、異常気象が多くなってきているので、気象予報士の出番はますます増えています。

このような時期の気象予報士は、人々の生活や命を守るために非常に重要な役割を担うため、自分自身の休みよりも仕事を優先して働くことが多くなります。

気象予報士になるためには、いざという時にしっかり働けるだけの体力と、日頃からの体調管理が欠かせないのです。

気象予報士の1日のスケジュール・生活スタイル