建設コンサルタントにはどんな種類がある?

建設コンサルタントの種類

建設コンサルタントを営む企業は、国土交通省に登録することが義務付けられています。

その登録部門は、「道路」や「トンネル」、「鉄道」「都市計画及び地方計画」「土質及び基礎」「造園」「廃棄物」「建設環境」など、全部で21種類あります。

ひとくちに建設コンサルタント会社といっても、登録している部門によって、実際の仕事内容はさまざまです。

建設コンサルタントを目指す人は、自分の希望する業務に合致した免許を登録している会社を探しだし、就職試験を受けることになります。

以下、事業系統別にそれぞれの業務内容や特徴をご紹介しますので、就職先選びの参考にしてください。

なお、大手の建設コンサルタント会社については、上記に挙げた複数の部門に登録し、幅広く事業展開しているところもあります。

しかし、たとえばダムの建設計画を練る仕事と造園を設計する仕事では、必要な知識やスキルはまったく異なりますので、部門をまたいで異動することは基本的にありません。

就職時の面接において希望が問われ、それを基にして配属先が決定されますので、自身のキャリアについては、採用試験を受けるまでに明確にしておくことが必要です。

土木系の建設コンサルタント

土木系の建設コンサルタント会社は、「道路」「上水道及び工業用水道」「下水道」「河川、砂防及び海岸・海洋」「農業土木」「森林土木」「水産土木」などで登録されている企業が挙げられます。

森を切りひらいて道路を通したり、上下水道などのインフラ配管を敷設したり、津波対策用に護岸を整備するなどの工事が土木系です。

穴を掘ったり埋めたり、地面を均したりする「土」に関する仕事がメインとなります。

建設コンサルタントのなかでは最もオーソドックスな部類に入り、手掛ける仕事のほとんどは官公庁や自治体関連の公共事業です。

建築系の建設コンサルタント

建築系の建設コンサルタント会社は、登録部門としては「トンネル」「鋼構造及びコンクリート」「施工計画、施工設備及び積算」「港湾及び空港」などが該当します。

橋やダム、港といった大きな建造物の工事を企画し、設計や施工管理を行うことがおもな仕事です。

公共案件だけでなく、たとえばマンション管理会社から依頼を受けて大規模修繕を計画する、解体業者から依頼を受けて周囲の振動や騒音被害を予測するなど、民間企業の案件も多くなります。

専門系の建設コンサルタント

専門系の建設コンサルタント会社は、「鉄道」や「機械」「電気電子」「地質」などの登録部門が挙げられます。

たとえば電鉄会社の子会社で、グループで建設する鉄道や駅の工事を手掛ける、電力会社の子会社で、発電所の建設や維持管理にたずさわるなど、一部の業務に特化している点が特徴的です。

また、大規模なインフラ工事などの際に、周囲の生態系にどのような影響が生じるか、大気汚染や土砂崩れのリスクがないかなどを調べる「環境系」と呼ばれる建設コンサルタント会社もあります。

建設コンサルタントは独立して働ける?

建設コンサルタントは、「建設」という名称が付いているものの、おもな仕事はアドバイザリー業務であり、業種分類としても、建設業ではなくサービス業に属しています。

必要なのは資本ではなく専門知識やスキルであり、パソコンとひと通りの専門ソフトがあれば、自宅で仕事をすることもできます。

そういった仕事の特性上、建設コンサルタントは、かなり独立しやすい部類に入る職業といえるでしょう。

ただし、請け負うことのできる案件の規模は、勤務時代よりもどうしても小さくなりますし、たとえば調査業務だけ、企画業務だけなど、部分的にしか請け負えない可能性も高まります。

また、全国には4000を超える建設コンサルタント業者があり、競争は激しく、仕事を安定的に獲得することはたいへんです。

受注につながる人脈や、建築士測量士などの資格は必須でしょう。

建設コンサルタントがサラリーマンとして働くか、独立して働くかは一長一短があります。