女性の医療情報技師

女性も活躍できる業界

医療関係の情報システムを取り扱う医療情報技師は、年齢や性別に関係なく誰もが就くことができる職業です。

医療に関する専門知識やITの技術さえ身につけていれば、女性でも問題なく活躍できるでしょう。

近年、医療業界は女性から非常に人気の高い業界といわれているそうです。

医師看護師薬剤師のように昔からある医療職はもちろん、理学療法士作業療法士のようにリハビリに携わる仕事や、医療事務コンシェルジュのように現場のサポートをする仕事をめざす女性もたくさんいるのです。

このような人気の裏側には、医療業界の仕事が非常に社会貢献度が高くやりがいがあることに加えて、専門的な知識や技術を身につけることで長く働きやすいという理由もあります。

医療の専門知識とITの技術が必要とされる医療情報技師の場合も、その専門性の高さから、一度この仕事で経験を積めば結婚や出産で一時的に退職したとしても再就職しやすいという強みがあると考えれらます。

長く働ける可能性が高い職業なので、資格を取得して専門性の高い仕事に就きたいという女性は選択肢にいれるとよいのではないでしょうか。

産休や育休の制度も

医療情報技師の職場は病院や医療関係の企業となることが多いのですが、規模の大きい病院では産休や育休の制度が充実しているのが魅力です。

最近では、優秀な女性スタッフを一人でも多く確保するために時短勤務を整えたり院内に託児所を設けたりしている病院もあります。

また、子育てとの両立の問題で正社員として働くことが難しくなった場合、契約社員やパートなど雇用体系を柔軟に変えることで働き続けられるようにしている病院もあります。

医療情報技師をめざす女性は福利厚生や雇用の制度をしっかりチェックして就職先を探すとよいでしょう。