ドッグトレーナーの勤務時間・休日

勤務体系の種類

ドッグトレーナーの仕事は、ドッグトレーナーとして働くしつけ教室、ペットショップ、犬の幼稚園などの職場によって、勤務体系が異なります。

朝から夜まで、毎日同じスケジュールの定時で働く職場もあれば、朝番、遅番とシフトが組まれているシフト制の職場などさまざまです。

中には週1回程度の夜勤がある場合もあるので、働く際は勤務体系について確認しておくとよいでしょう。

ただし独立すると、勤務時間も自由に組むことができるので、勤務時間を短くすることも、長くすることも可能です。

家族の行事に合わせて休みを取ることもできるので、自由な働き方ができます。

ドッグトレーナーの勤務時間

ドッグトレーナーの勤務時間は、1日5~8時間ほどが平均です。

始業時間はお店のオープン前に、施設やペットホテルで預かっている犬、ペットショップでは子犬や子猫のお世話をするため、7:30頃から勤務がスタートします。

夏場は道路が暑くなる前に、6時台などもっと早くからお散歩する職場もあるようです。

夜は20:00くらいに勤務終了となりますが、動物病院に連れていかなければならない犬がいた場合などは、さらに遅くなることもあるでしょう。

シフト制の店舗では、一般的な会社員に比べて労働時間はそれほど長くならず、家事や育児との両立もしやすく、ワークライフバランスも取りやすくなるでしょう。

しかしスタッフが少ない場合は1人が負担する仕事量も増えるため、労働時間は長くなります。

ドッグトレーナーの休日

ドッグトレーナーの休日は、基本的に平日休みです。

犬のしつけ教室のお客さまである飼い主と犬は、飼い主の都合上、参加が土日に集中するので土日休みは難しくなります。

土・日・祝日は基本的に出勤となるので、カレンダー通りの休みを取ることができずに不便に感じることもあるかもしれません。

ドッグトレーナーはシフト勤務が多いので、月6~8日の休みが設けられていることが多いです。

週休2日の職場の中には、平日に連休を取ることができる場合もあるようなので、勤務前にお休みの取りやすさについても確認しておくとよいでしょう。

またゴールデンウィークや盆休み、年末年始などの長期休暇とその前後は、繁忙期となるので、この時期にお休みを取るのは難しくなります。

有給休暇や育児休暇の制度が使える職場もあるので、将来家事や育児と両立しやすいように、チェックしておくのがおすすめです。

中には男性の育児休暇取得を推進している会社もあるなど、会社によって福利厚生も異なります。

ドッグトレーナー残業時間

ドッグトレーナーの仕事に、残業はほとんどないようです。

通常であれば、シフト制の時間の中で業務が終了するので、よほどのことがない限りは定時に上がることができるでしょう。

ただし、具合が悪くなってしまった犬などを動物病院で診察してもらう場合、状況によっては20:00上がりのはずが22:00になってしまうなど、勤務時間を大幅に過ぎてしまうこともあるようです。

また繁忙期には、トレーニングの様子を飼い主に伝えたり、日誌をつけたり、ほかのスタッフ達とのミーティングで、遅くまで残業することもあります。

ドッグトレーナーに夜勤はある?

ドッグトレーナーにも、夜勤がある職場があります。

たとえばしつけ教室だけでなく、何日か預かってトレーニングするサービスや、ペットホテルを併設している場合です。

ステイしている犬達に、万が一緊急事態が発生したときに対応できる「宿直」として、勤務先で泊まることになります。

日中のようにトレーニングをするわけではないので、寝ている犬達が問題なく過ごせるかを見守る役目としての夜勤です。

ドッグトレーナーは忙しい? 激務?

ドッグトレーナーは、世間がお休みとなる土日や年末年始、お盆休みなどの長期休暇の時期が繁忙期で、忙しくなります。

土日や長期休暇の時期は、ドッグランやしつけ教室にもお客さまが集中しますし、ペットホテルを併設している施設では、旅行や帰省に合わせて犬を預ける飼い主が増えるため、激務になりがちです。

また帰宅時間は、シフト勤務によって異なります。

たとえば朝早く6:00頃出勤した場合は、帰宅時間は18:00頃と早めに上がることが可能です。

遅番の場合は、通常勤務が20:00や21:00までに設定されていることもあり、帰宅時間は遅めといえるでしょう。

繁忙期の場合は、ミーティングや飼い主への情報共有などで、さらに残業をすることもあります。

ドッグトレーナーの休日の過ごし方

ドッグトレーナーの休日の過ごし方は、人によってさまざまです。

休日も犬が中心の生活で、愛犬にしつけやトレーニングを行ったり、競技大会に出るための練習をする人もいます。

また各地で行われている競技大会やショーを訪れて、プロのトレーニングの成果を目の前で見ながら、さらに研鑽を重ねる人もいるようです。

逆に休日は犬のトレーニングのことを忘れて、趣味のサーフィンや釣りに没頭する人もいて、それぞれ自由に過ごしています。

ドッグトレーナーの休みは平日になることが多いので、土日よりもお店などが混んでおらず、過ごしやすいのもメリットといえるでしょう。

ドッグトレーナーの1日・生活スタイル