ドッグトレーナーになるための学校(大学・専門学校・スクール)・費用はどれくらい?

ドッグトレーナーになるための学校の種類

学校の種類はさまざま

ドッグトレーナーになるには、大学、専門学校、スクール、通信講座とさまざまな学校がありますが、本気で目指す方は専門学校がおすすめです。

専門学校では基礎から知識を座学で学べ、犬との実践授業も多く、資格取得のカリキュラムが整えられているのが特徴です。

実践形式でスキルや経験を積めるので、スムーズにドッグトレーナーに必要な勉強をすることができるでしょう。

学歴は重要? 就職で有利になるのは?

ドッグトレーナーは、一般的に学歴は求められません。

しかも絶対にこの道をたどらなければいけないということはないので、どの学校を選んだとしても間違いではないのです。

必要となるのはドッグトレーナーとしてのスキルやこれまでの経歴になるので、しっかりとしたトレーニングの知識と、経験を積むことが評価への近道でしょう。

また資格を持っていることが、ドッグトレーナーとしての知識を有していることの証拠となるため、就職に有利に働くこともあるようです。

ドッグトレーナーになるには

ドッグトレーナーになるための大学

大学進学する場合は、動物関連の学科でドッグトレーナーとして必要な知識を身につけることができます。

専門学校ではドッグトレーナーに最短距離の知識を学びますが、大学ではドッグトレーナーの勉強だけでなく、動物に関する生物学、科学、心理学、福祉、看護など総合的な知識を身につけることができるのがメリットです。

近年ニーズが高まっている、ドッグセラピーなど幅広いサービスに興味がある人にも向いているでしょう。

ただし卒業後にドッグトレーナーになれるわけではなく、民間の資格を取得してからドッグトレーナーを目指す人が多いようです。

卒業までにかかる学費は、大学によって異なりますが500万円~600万円ほどとなり、それ以外に必要な諸経費は学校ごとに、大きな差が出る場合があります。

学部は「動物看護学部」「獣医学部」、学科は「動物看護学科」「動物応用科学科」「アニマルサイエンス学科」など、大学によってどんな方向性の研究をするのかも異なるようです。

ドッグトレーナーになるための専門学校

ドッグトレーナーになるには、ドッグトレーナーを目指す人を対象とした専門学校に通っておいた方が有利です。

なるための決められたルートがあるわけではありませんが、専門的なスキルが必要とされる仕事のため、学校で基礎を身につけておくと、就職に有利になったり仕事をスムーズにスタートしやすくなるでしょう。

「ドッグトレーナー専攻」「ドッグトレーナーコース」などがある動物関連の専門学校がおすすめです。

犬の生態や扱い方に関する知識はもちろん、実際にドッグトレーニングを行う企業へ実習に行き、プロのドッグトレーナーの指導のもと、しつけや訓練のやり方を学ぶことができるほか、就職支援を行ってくれる学校もあります。

より実践に即したことを学び、就職を目指したいという人は、大学よりも専門学校に通うのが近道になるでしょう。

多くの専門学校は2~3年制で、学費は年間80~140万円ほどと学校によっても差があります。

働きながらでも勉強できる、夜間部はないようですが、通信はつくば国際ペット専門学校グループのケンネルカレッジで受けることができます。

日本ケンネルカレッジ ドッグトレーナー養成講座

ドッグトレーナーになるためのスクール

大学や専門学校ではなく、ドッグトレーナーになるためのスクールもあります。

現役で活躍しているドッグトレーナーの先生を講師に、座学と実践でスキルや知識を身につけられるスクールが多いようです。

通っている年代も専門学校や大学とは違い、20~60代など幅広く、性別や年齢を問わずにさまざまな仲間を作ることができます。

働きながらでも通学できるようにと、平日だけでなく週末も授業を行っているスクールもあるので、通いやすさ重視で選ぶのもおすすめです。

通学期間は半年~1年ほどとなりますが、学校によっては条件をクリアすれば最短3ヶ月で卒業できる場合もあります。

デメリットをあげるなら、卒業までの期間が短く、多くの犬と触れ合うチャンスが専門学校や大学に比べて少ない場合があることでしょう。

学費は、85~120万円ほどが一般的のようです。

それなりの出費を覚悟しておく必要がありますが、プロの講師から直接指導を受けられることは、大きな価値があるといえるでしょう。

ドッグトレーナーになるための通信講座

通信講座を利用すれば、通学制の学校で学ぶよりもだいぶ費用を抑えることが可能です。

通信講座も、カリキュラムによって費用は変わってきますが、安ければ10万円程度からひと通りのことを学べます。

時期によってはキャンペーン価格が適用され、さらに値引きされた金額で受講できることもあるようです。

ただし実技対策のスクーリングや、講座修了後にライセンスを取得する場合、別途費用がかかることがあるため注意が必要です。

たとえば、日本ドッグトレーナー協会公式ではドッグトレーナーオンライン講座をしていて、スクールの内容を動画で学びながら、最短3ヵ月で修了することができ、料金は145,000円(税抜)となっています。

通信講座の場合、通学制の学校以上に自主的に学ぶ姿勢が求められますが、できるだけ費用を抑えて学びたい人や自分のペースで勉強したい人には、適しているといえるでしょう。

日本ドッグトレーナー協会認定 ドッグトレーナーオンライン講座

独学でドッグトレーナーになれる?

ドッグトレーナーは専門的な学校やスクールに通わなければいけない職業ではないため、独学でなることも可能です。

専門書を使って独学で犬の知識を深めたり、必要に応じて通信講座を使用して、プロのドッグトレーナーにつくことができれば、現場でスキルを磨くことができます。

この仕事で最も重要なのは、「経験」といわれています。

犬にはたくさんの犬種があり、特性も違えば個体差があるため、自分がどのように動けば犬を上手にハンドリングできるのか、その答えはたくさんの犬と触れ合う経験を積んで、自分で見つけていくしかありません。

どのドッグトレーナー も専門的な知識を身につけた上で、仕事をしながら自分なりのトレーニング方法を見いだしています。

そのためデビュー前よりも、実際に仕事をしていく時間の方がずっと長く、重要なものになるといっても過言ではありません。

独学でも本当のやる気さえあれば、自分らしさを追求し、ドッグトレーナーとして活躍していくことは十分に可能だといえるでしょう。

留学

国内にも専門学校やスクールはありますが、海外留学をしてドッグトレーナーに必要な知識や技術を学ぶ方法もあります。

「犬のしつけ」は海外の方が進んでいるといわれていることもあり、本場の技術や考え方を学ぶことは、能力を高める有意義な時間となるでしょう。

留学先は、アメリカのほか、オーストラリアやニュージーランド、カナダ、イギリスなどが一般的で、最近は現地で勉強し、その国のドッグトレーナーライセンスを取得する人もいるようです。

日本のスクールで海外研修制度を設けているところもあり、2週間~1ヶ月程度の海外留学をすることもできます。

ただし海外留学をしても、ドッグトレーナーの求人はさほど多くないため、大きく優遇されることはあまりないかもしれません。

留学先で何を学んだのか、どのようなドッグトレーナーになりたいのかをアピールすることができれば、その熱意は企業などにも伝わるはずです。

将来独立する際には、留学経験は大きな経験となるでしょう。

海外留学は数百万円単位での費用がかかることがあり、滞在時間が長くなるほど、学費だけでなく生活費など費用がかさむので、費用には注意が必要です。

ドッグトレーナーの学校選びのポイントは?

ドッグトレーナーになるためには、どの道も間違いではありません。

犬について勉強することは不可欠ですし、トレーニング方法も素人にはわからない部分が多いので、学校やスクールで体系的に勉強することは、デビューする上で近道になるでしょう。

1番の近道となるのは、やはり専門学校に通うことですが、より幅広い知識をつけたい人は大学を、短期間で知識を身につけたい人はスクールを、費用を抑えたい方は通信講座がおすすめです。

海外の本場の技術や知識を身につけたい場合は、費用が許せば海外留学という選択肢もよいでしょう。

ドッグトレーナーはデビューしてからの「経験」がものをいう仕事となるため、実践研修があるのかなどのカリキュラムはもちろん、就職支援など先を見据えたサポートがある学校選びをすることも大きなポイントです。