美容部員の離職率はどれくらい? 辞めたい理由で多いものは?

美容部員の離職率は高い

一般的に、美容部員は人の入れ替わりの激しい業界だと言われています。

その理由は、華やかなイメージとのギャップや、美容部員の大半は若い女性のためライフイベントなどで仕方なくといったことがあげられます。

ただし、ほかの化粧品メーカーやブランドへとキャリアアップのために転職する人も少なくありません。

美容部員を辞める理由

厳しい売り上げ目標

美容部員として働く上で避けて通れないのが、商品の売り上げ目標、いわゆるノルマをどうやって達成するかということです。

店舗によっては個人ごとにノルマを設定していることもあり、顧客一人ひとりにダイレクトメールで商品の情報を送ったり、来店時にはつきっきりで接客をしたりして、努力をしている美容部員もたくさんいます。

また、どうしても売り上げを達成できないプレッシャーの中で、家族や友人に協力してお客さんになってもらったり、自分で自社製品を購入したりというケースもあるようです。

体力的なつらさや待遇

美容部員は1日中立ちっぱなしの仕事です。

華やかなイメージがありますが、実際には重たい化粧品を運んだり、店内を走り回ったりと体力勝負の仕事です。

さらにヒールを履いて接客することも多いため、足腰を痛める人は少なくありません。

また、体力勝負の仕事の割に給料が安い、休みが希望通り取れないなどの職場環境や待遇を理由に辞める人も多いです。

「結婚」「出産」での離職

美容部員の離職の大きな要因となるのが「結婚」と「出産」です。

美容部員の多くは、20代から30代の若い女性です。

こうした年齢の女性は、どうしても結婚適齢期や出産適齢期と重なってしまうので、家事や育児のために離職するケースが少なくありません。

正社員であれば育児休暇が取れることもありますが、契約社員やアルバイトの場合は選択の余地が少ないというのも現実です。

早期離職を避けるために

志望企業は慎重に選ぶ

せっかく美容部員になれても、早期に退職してしまう人は後を絶ちません。

早期離職を避けるためには、あこがれやイメージだけでなく、しっかりと企業研究をして志望企業を選ばなくてはなりません。

どれだけすきなブランドだったとしても、そこで働く人たちがどのような働き方をしているのか、どのような接客をしているのかをよく知らないままに就職を目指すのはあまりにも安易です。

あこがれから志望企業を選ぶことは決して悪いことではありませんが、人気があるブランドであればあるほど優秀な人材がそろっているため、本当に自分がそこで働けるのかをしっかりとイメージしなくてはならないでしょう。

長期的なキャリア形成をイメージする

美容部員として働く上では、キャリアについて考えることも大切です。

いつまでも同じように働いていては、美容部員として成長することができません。

たとえば、〇年後にマネージャーになる、といった目標をたてたり、経験を積んで憧れのブランドへ転職する、など夢を持ったりするのもよいでしょう。

ただ漠然と働くのではなく、自分がどんな美容部員になりたいか、美容部員としてどんな仕事がしたいかという気持ちを忘れずに働くことが大切です。