アートディレクターになるにはどんな学校や講座に行けばいい?

アートディレクターになるための学校の種類

アートディレクターは、未経験者がいきなりなることはめったにありません。

まずは広告やグラフィックデザインの現場でデザイナーとしてのキャリアを積んでいき、その先にあるキャリアパスのひとつとして、就くケースが多くなっています。

そのため、アートディレクターになるには、まずグラフィックデザイナーとして経験を積む方法を考える必要があります。

グラフィックデザイナーになるための学校はいろいろありますが、代表的なのが美術系の大学やデザイン専門学校です。

また、スクールや通信講座で学ぶことも可能です。

それぞれの特徴を紹介します。

アートディレクターになるには? 必要な資格はある?

アートディレクターになるための大学

芸術大学の美術学科や、美術大学からデザイナーを目指していく人は多くいます。

美術系の大学といってもいろいろな学科があり、油絵や版画などを中心にファインアート分野の勉強を行っていくこともできれば、デジタルやメディアを使った最先端のアートに触れることもできます。

同じ美術系大学といっても、どのような分野の知識・技術を磨いていきたいのか、よく考えて、進学先を決めたほうがよいでしょう。

なお、大手広告代理店の多くは「4年制大卒以上」を新卒の応募資格とする企業が多いため、大学を出ておくと就職先の選択肢は広がります。

アートディレクターになるための専門学校

デザイン系専門学校でも、グラフィックデザインを学ぶことが可能です。

美術系の大学に比べると、授業は理論よりも「実践的なスキル」を身につけることに主眼を置く傾向があります。

たとえばグラフィックデザインの現場で使う専用ソフトを使いこなすスキルや、色彩、レイアウトなどについての知識も、実習を中心に行いながら身につけていくのが特徴です。

デザイン系の専門学校は全国にたくさんあり、学校ごとにカリキュラムの特色が異なります。

なかにはWebや映像などのデザインを学べる学校もありますので、よく比較検討してみることをおすすめします。

アートディレクターになるためのスクール

グラフィックデザインが学べる民間のスクールもあります。

スクールによって修学期間やカリキュラムには違いがありますが、全体としてはデザイン専門学校で学ぶことを、もう少し簡素化したカリキュラムが多いようです。

IllustratorやPhotoshopなど、グラフィックソフトの技術を基礎から効率的に学びたい人にはスクールでも十分かもしれません。

しかし、スクールによってレベルには大きな差があり、スクールに通うだけでグラフィックデザイナーの即戦力として通用するスキルを身につけるのは、難しい場合があります。

スクールを活用しながら、自分でも勉強を重ねたり、グラフィックデザイナーのアシスタントとなって、現場で知識・技術を積み上げていったりする努力が必要になるでしょう。

アートディレクターになるための通信講座

通信講座やWebを活用したオンラインスクールで、グラフィックデザインを学ぶこともできます。

時間や場所にしばられることなく独学できるので、仕事をしている人や副業のためのスキルを身につけたい人にはおすすめです。

ただしスクールと同じように、通信講座を受けただけで就職・転職がしやすくなるわけではありませので、学んだことをどう生かすかしっかり考えていくことが大事です。

独学でアートディレクターになれる?

グラフィックデザイナーになれば、現場でさまざまなプロジェクトに関わりながら、その先のアートディレクターにも求められるデザインの知識・スキルを深めていけます。

すぐれたアートディレクターになるには、グラフィックデザイナー時代に、いかに幅広い視点や豊かな感性をもって、仕事に取り組んでいくかが大切です。

いずれにせよ、現場に入らないと始まりません。

もし独学でアートディレクターを目指していきたいのであれば、未経験者を採用している制作会社等を探してみましょう。

熱意が認められればグラフィックデザイナーのアシスタントとして働ける可能性はあります。

アートディレクターの学校選びのポイントは?

アートディレクターとして働く人は、比較的、美術系の大学出身者が多いようです。

大学では4年間という時間をかけて、美術の基礎からしっかりと固めていきますので、正しい知識と理論を身につけたい人には向いています。

しかし、実践を重視するデザイン専門学校でグラフィックデザインを学び、就職する人も大勢います。

最も大切なのは、いざ現場に入ってからどのように知識とスキルを磨き続けるかです。