アニメーターが独立してフリーランスになるには?

フリーランスのアニメーターとは?

フリーランスのアニメーターとは、制作会社やスタジオに所属せず、自宅などで基本的に一人で仕事をする人のことをいい、個人事業主と呼ばれることもあります。

フリーランスの人たちは会社と社員としての雇用契約を結ぶのではなく、個別に契約して一定の業務を任されています。

制作会社やスタジオで社員同様に働いていても、ただ机を借りているだけで、実際はフリーランスということもしばしばあるようです。

フリーランスのアニメーターが多い理由

フリーランスで働く人はさまざまな業界にいますが、アニメーターの場合は半数以上がフリーランスであるともいわれています。

アニメーション制作会社は、一つの作品を作るのに長期間かかるため、次の作品をつくるまでに時間が空いてしまうことがありどうしてもアニメーターの仕事がない時期が発生します。

アニメーションを制作するには多くのスタッフが関わるため、仕事のないアニメーターの給料を削減するためにフリーランスとして仕事のある時だけ雇うという形が一般的となっています。

フリーランスのアニメーターのメリット

フリーランスのアニメーターの場合、自分の好きな制作会社や好きな作品を選んで仕事をすることができます。

また、フリーランス全般に言えることですが正社員のように勤務時間や休日などにとらわれず、好きな時間・好きな場所で働くことができます。

仕事が多く締切が迫っているときには徹夜をしたりスケジュールを調整したりして間に合わせなくてはなりませんが、そうではないときは適度に休憩をしたり自分の好きなことをしたりできるのはフリーランスのメリットでしょう。

フリーランスのアニメーターのデメリット

フリーランスのアニメーターの場合、給料は社員のように固定給がもらえるわけではなく、仕事ごとに定められた報酬が収入となります。

アニメーターの場合は「1枚あたり○○円」という歩合制が一般的で、会社による社会保険制度などの保証もないため、一般的な正社員に比べれば不安定な働き方ですが、逆を言えば実力が認められればどんどん仕事を任せられ多くの数をこなせるようになるため、収入アップを目指せるという可能性もあります。

フリーランス集団のスタジオ

フリーランスで働く場合は自宅で仕事をしていることが多くなりますが、同じようなフリーランスのアニメーターが何人も集まって、スタジオを借りて一緒に仕事をしていることもあります。

集団でいると普通の組織のようにも見えますが、あくまでも個々がそれぞれ別々に会社と契約しているフリーランス集団です。

基本的にはまったく違う仕事をしていながらも、業界の最新情報の共有ができたり、仕事面でのアドバイスをし合ったり、家ではだらけてしまいがちな人でもスタジオに通うことでメリハリのついた生活ができるといったメリットがあるようで、こうした働き方はアニメーターから人気を集めています。

アニメーターが独立してフリーランスになるには?

アニメーターが独立してフリーランスとなる場合は、まずはアニメ制作会社に就職し実力をつけたり経験を積んだりする必要があります。

フリーランスとなって会社の後ろ盾がなくなっても、仕事がもらえるように実力をつけておかなくてはなりません。

実力が認められ仕事をどんどん任せてもらえるようになれば、制作会社勤務のときよりも収入をアップさせることも可能です。

ただし、この業界はアニメ制作会社やプロダクションに所属することができず、あくまで下請けとしてフリーランスで働いている人も多くいるため、そうした人たちと明確な区別がつけられるほどのスキルを身に付けておかなくてはならないでしょう。