海外ツアーガイドの現状と将来性

ビザの取得が必要になる

海外ツアーガイドの大半は、現地の旅行関連会社に就職しているか、「ワーキングホリデービザ」を利用して仕事をしています。

この仕事に就くうえで、一番難しいのは「ビザを取得すること」といえるでしょう。

海外で仕事をするために必要な「就労ビザ」を取得するには現地企業の協力が必要になりますが、未経験者の場合は若干ハードルが高くなっているようです。

オーストラリアやニュージーランドなど、日本人ガイドが多数活躍する国では「ツアーガイド養成講座」を置くスクールもあります。

まずはそのような学校で学び、ツアーガイドに必要な基礎知識を身に付けて、ビザの取得や就職を目指すことを考えてみるとよいかもしれません。

ワーキングホリデーとして働くことも可能

ワーキングホリデー協定を結んでいる国であれば、期間限定にはなりますが、現地で語学学校に通ったり、異文化体験をしながら就労経験を積むことができます。

しかし、ワーキングホリデーで採用されるスタッフの場合、基本的にアルバイトのような扱いになります。

給料は非常に安いことも多く、他のアルバイトと兼務しなければ厳しい生活になることも理解しておく必要があるといえます。

ツアーガイドの将来性

待遇面が大きく改善されることは考えにくいものの、日本人が海外を訪れる機会が増えていること、またツアーガイドを必要とする熟年層のツアーが増えていることから、今後も引き続き安定した需要が期待できる仕事といえるでしょう。

また、近年はツアーコンダクター(添乗員)がつかないツアーも増えており、その場合は海外ツアーガイドが添乗業務まで担当するなど、仕事の幅も少しずつ広がっているようです。

早朝から深夜まで働く日もあるなど体力的には大変な仕事ですが、それでもお客さまの「楽しかった!いつかまた来ます」の言葉が、ツアーガイドにとっては何よりの励みになります。

人々に感動と笑顔を与える仕事として、この先も熱意を持ったガイドの活躍が期待されます。