海外ツアーガイドになるには

現地で働くためのビザを取得することが必要

就労ビザを取得

海外ツアーガイドは、世界のさまざまな国で働いています。各国の制度によりさまざまですが、正式な雇用契約を結んでこの仕事に就くためには「就労ビザ」が必要となります。

就労ビザを取得したい場合、基本的には現地の企業の協力を得なくてはなりません。ただし、何らかの方法で現地の「永住権」を取得することができれば、就労ビザがなくても働くことは可能です。

ワーキングホリデービザを取得

そのほか、「ワーキングホリデービザ」を利用して現地の旅行会社に勤務し、ツアーガイドの仕事を行うことも可能です。

こちらには「申請時18歳から30歳まで(一部例外あり)」という年齢制限があるほか、1〜2年間の期間限定であることが条件となっています。

また日本との協定国は限られているものの、就労ビザや永住権の取得に比べると取得しやすいため、積極的に利用している人も多いようです。

ワーキングホリデービザを使ってツアーガイドを目指す場合は、比較的高い確率で採用されています。働きぶりが認められたり、会社の状況によっては、そのまま就労ビザを発行してくれることもあるようです。

どんな人が有利?

海外ツアーガイドの採用条件として、基本的に学歴は問われません。特定の学部・学科を出ていると有利といったこともほとんどないようです。

日本で旅行関係の仕事やツアーコンダクター(添乗員)、あるいはバスガイドを経験した人は有利でしょう。

「観光業対する知識」「正しい言葉遣い」「お客さまの応対の仕方」などの能力があると見なされるからです。

また、海外ツアーガイドは現地を訪れた日本人と話すことが多いですが、現地のバスドライバー、ホテルスタッフ、空港スタッフとはその国の言語でコミュニケーションをとらなければなりません。

英語を中心に、自分が働きたい国の言語が得意であると有利になります。

日本でガイドの経験を積みながら語学を勉強しておくとよいでしょう。

専門分野のガイドは需要が高い

ひとくちに「ツアー」といってもさまざまなタイプのものがあり、それぞれの専門分野を持ったツアーガイドがいます。

「ガイド」と聞いて多くの人が思い浮かべるのは、観光スポットや名所を案内する「観光ガイド」でしょう。

しかし、それ以外にもアクティビティ系のガイド、スキーやスノーボードのガイド、エコツアーガイド、ハイキングガイド、山岳ガイド、ダイビングガイドなど、さまざまな分野で活躍する人がいます。

特定の分野の知識が豊富である場合、専門分野のガイドとして仕事をもらいやすくなるでしょう。

海外ツアーガイドの就職先は?

海外ツアーガイドの採用は、一般的に日本の旅行会社や現地旅行会社となりますが、中にはフリーランスで活動する人もいます。

会社に所属する場合は1〜2ヵ月程度の研修を受けて、現場でお客さまをガイドすることになります。

働く国によってはガイドのライセンスが必要とされるところもありますが、その場合は現地にて取得を行います。

ツアーガイドになるのにおすすめの国

これから海外ツアーガイドを目指したい場合、ワーキングホリデーを利用することが最も近道となるかもしれません。採用条件が比較的緩やかなことと、募集も多く見受けられるからです。

ツアーガイドの仕事に就きやすい国は、カナダ、ニュージーランド、オーストラリアです。

オーストラリアでは日本人向けのツアーガイド養成講座も開講されているため、本格的にやってみたい人は、まずそういったコースを受講してみるのもいいかもしれません。

また、カナダやニュージーランドでのワーキングホリデーで働く場合は、夏は観光ガイド、冬はスキーやスノーボードガイドといったように、季節に合わせた働き方をする人が多いようです。