診療放射線技師の勤務先の種類と仕事内容の違い

診療放射線技師の勤務先・働き方の種類

診療放射線技師の主な就職先は医療機関です。

医療機関では、医師看護師と協力して治療や検査を行うのはもちろんですが、患者さんの放射線被ばくに対する不安を緩和するため、説明を行ったり、機材を管理したりするのも、診療放射線技師の大事な役割です。

そのほか、放射線を利用する医療機器を開発するメーカーで働く人や、放射線検査を行う企業や団体で働く人もいます。

診療放射線検査技師の仕事内容

医療機関で働く診療放射線検査技師

診療放射線技師の主な活躍の場は放射線を扱う医療機関です。

なかでも病院と検診施設が多くを占め、その規模によって働き方には違いがあります。

まず、都市の中核病院のような中程度から大規模な病院の場合、それぞれの検査分野を担当制で運営しているところが多くなっています。

たとえば、一般撮影やCTスキャン検査で1年から数年程度経験を積み、その後専門的な分野に担当を任されて行くというシステムになっているところが多いようです。

メリットとしては、一つの分野の専門性を深めることができるため、より深く仕事に対する追求や経験を積むことが可能です。

また、大規模な医療施設であれば、最新医療技術を積極的に導入していることが多く、業界最先端のスキルをいち早く身につけることもできます。

一方、病院でも街のクリニックや病床数の少ない病院では、一般撮影やCT検査、MRI検査、そしてバリウムによる胃や大腸の透視検査が中心です。

診療放射線技師なら誰でもこなせるような業務がほとんどですが、一般的に小さな病院では人手が少なく、診療放射線技師がさまざまな業務をサポートしなくてはなりません。

検査施設で働く診療放射線検査技師

財団法人などが運営している検査施設、保健所や検診センターなど施設内に設置されている検査室で働く人も多くいます。

検診車で企業や学校に行き、胸部X線や胃検診、マンモグラフィー、骨密度検査などいわゆる健康診断を行うこともあります。

毎日の業務が決められているため、専門を深めたい人にはぴったりですし、医療機関と比べると規則的なワークライフを送ることができます。

検査施設での経験を生かして、大規模な病院に転職するケースも多いようです。

その他の勤務先で働く診療放射線技師

診療放射線技師は、医療機関や検査機関以外でも働いています。

医療機器を開発する医療機器メーカーで働く診療検査技師は、診療放射線についての知識を生かして、実際に医療現場に出向いて医師や技師とやりとりをし、新しい医療機器を開発したり、導入のための営業を行ったりします。

そのほかにも、放射線の知識を必要とする団体や企業にも働く場があります。

原子力発電所や電力会社では、放射能測定を行うため診療検査技師が活躍しています。

また放射線の研究機関や大学、放射線を利用した「非破壊検査」と呼ばれる検査を行う工業系の分野で働く人もいます。