左官を目指す人におすすめの資格は?

左官に必要な資格・おすすめの資格は?

左官になるため絶対に必要となる資格はありません。

しかし、左官職人としての技術レベルを認定する「左官技能士」など、左官の仕事に関係ある資格はたくさんあります。

資格があれば、自身の腕前が一定水準に達していることの証明となり、給料などの待遇面アップや、役職者への昇進につながりますし、転職活動や独立開業に役立てることもできます。

独立して親方として働くなら、クライアントからの信頼を獲得して、安定的に工事を受注するためにも、各種資格を取得すべきです。

以下では、左官職人におすすめの資格について、代表的なものをいくつかご紹介します。

左官技能士

左官技能士資格の概要

左官技能士は、厚生労働省が主管する技能検定の一種です。

資格には、上級者を対象とした1級と、中級者を対象とした2級、初級者を対象とした3級があります。

1級を受験するには7年以上、2級を受験するには2年以上の実務経験が必要です。

3級は職業訓練を受けている人でも受けられるなど、受験資格は厳しくありません。

試験は年2回実施され、試験に合格することで、「1級左官技能士」または「2級左官技能士」を名乗ることができるようになります。

左官技能士は、左官にとって最もオーソドックスな資格であり、多くの職人が1級資格取得を目標としています。

左官技能士資格があると、職業訓練校で指導員となるための試験の一部が免除されますので、資格を生かして指導員となり、後進の育成にあたることも可能です。

参考:日本左官業組合連合会 左官職種

左官技能士検定の試験内容

左官技能士検定試験は、学科試験と実技試験に分けて実施され、双方をパスすると資格認定となります。

学科試験では、施工方法や材料、意匠図案、建築構造、製図、関係法規、安全衛生などに関する知識問題や、左官工事に関する積算や見積りの作成といった実務に則した問題が出題されます。

実技試験では、墨出し・材料調合・下塗り・中塗り・上塗り・引き型製作・型抜き模様製作など、おもに「塗り」に関する技能が総合的に問われます。

2級の実技試験は壁のみですが、1級ではさらに天井への施工も追加されるうえ、「樹脂プラスター仕上げ塗り工法」や「かき落し粗面仕上げ工法」などの高度な左官工法も求められるため、難易度は格段に上がります。

1級資格まで取得できれば、自他共に認める一人前の左官職人になったといえるでしょう。

登録左官基幹技能者

登録左官基幹技能者は、国土交通省が主管する国家資格であり、指定された機関において一定の講習を受講し、修了試験に合格することで、資格が取得できます。

登録左官基幹技能者は、施工方法についてクライアントに提案したり、ほかの職種の職人と工程を調整したり、部下を指導したりすることがおもな役割です。

一職人として働くうちは、この資格はとくに必要ありませんが、職長など、ほかのスタッフを束ねるポジションにまで昇格したり、あるいは独立して親方になる場合などには非常に役に立つでしょう。

登録左官基幹技能者資格があれば、国土交通省による経営事項審査でも加点評価されるため、仕事を受注しやすくなる点も大きなメリットです。

この資格は、一定の能力水準を保持し、最新の法改正などにもきちんと対応するため、運転免許などと同じ更新制となっており、5年ごとに更新講習を受講したうえで、修了試験に合格することが必要です。

参考:日本左官業組合連合会 登録左官基幹技能者

それ以外のおすすめ資格

上記以外のおすすめの資格としては、左官技能士と同じ技能検定制度の一種である「切削工具研削技能士」や「研削といし取替試運転作業者」など、「研ぎ」に関するものが挙げられます。

左官は、カナリヤ石や白サンゴ石、大理石など、「種石」と呼ばれる人造石を混ぜ込んた仕上げ材を使用することもよくあります。

研ぎ出し技術を自分自身でもっていれば、高級仕上げもできるワンランク上の左官職人として、活躍の場をひろげられるでしょう。

左官は、住宅の外壁など高い場所で作業することもあるので、「高所作業車免許」も持っていると役に立ちます。

参考:全国機械刃物研磨工業協同組合 切削工具研削技能士

参考:社団法人安全衛生マネジメント協会 自由研削といし取替試運転作業者特別教育 講習会のご案内

参考:一般社団法人労働技能講習協会 高所作業車運転技能講習