ラーメン屋店長の勤務・労働時間・休日・残業

勤務・労働時間

ラーメン屋店長の勤務時間は、店の営業時間によって変わってきます。

一般的にはランチ営業をし、アイドルタイムといわれる休憩をはさんでディナー営業をする形が多いですが、営業時間がそのまま労働時間になるわけではありません。

というのも、店を開店してすぐにお客さまにラーメンを提供できるようにするには、スープや具材などの仕込み作業が必要になるからです。

そのため、もし11時から店がオープンする場合には、朝9時には店に出て仕込みを開始。

そこからランチ営業をして、14時から17時程度までのアイドルタイムをはさみ、そのまま夜の営業に突入という流れになります。

閉店時間も店によりますが、閉店後もすぐに帰れるわけではありません。

客席や厨房の清掃、売上金の確認、翌日の準備などをこなし、帰宅できるのは日が変わってからということもあります。

こうしたことを踏まえると、1日に12時間~14時間程度の拘束時間になっている人が多いようです。

営業中は立ちっぱなしになり、また重たいスープの入った寸胴鍋を持ち上げたりするため、なかなかのハードワークであるといえるでしょう。

休日

ラーメン屋店長の休日は、基本的に店舗の休業日となります。

ラーメン店は週休1日というところが多いようですが、店によって異なるといえるでしょう。土日に休めるとも限りません。

独立開業すれば連休は自由に取得することができますが、売上のことを考えるとあまり休んでもいられないというのが実情のようです。

残業

ラーメン屋店長の場合、一般的な会社員のような残業という考え方はあまりないといえます。

仕込みや片付けが早く終わる見込みであれば、その分だけ遅く出勤したり早く帰ったりすることもできますが、とくに独立開業している場合、店にいない時間も新メニューの研究や試作をしたり、別の店のラーメンを食べ歩いたりと、仕事に関わることをしている時間が増えるでしょう。