女性のラーメン屋店長

女性屋店長が少ない理由

ラーメン店というと、スタッフも、お客さんも、女性よりも男性の姿のほうがずっと目立っています。

とくに店長といえば、職人気質の中年男性の姿を想像する人が多いのではないでしょうか。

しかし、決してラーメン店で女性が働けないわけではありませんし、女性がラーメンを食べてはいけないわけでもありません。

なぜ、ラーメン店において女性屋店長や女性スタッフの数が少ないのかといえば、体力的な問題が一番に考えられます。

ラーメン作りの際には、大きな寸胴を持ち上げたり、かき回したりすることになりますし、重たい食材が入った袋を持ち上げるようなことも日常的にあります。

また、営業時間中は立ちっぱなしですし、熱い湯気を浴びて汗をかきながら働くことになるなど、想像以上にハードな仕事であることは間違いありません。

男性でも激務に耐えきれずに離職してしまう人もいるほどですから、体力に自信がない女性にとってはとても大変な仕事になるといえるでしょう。

女性をターゲットにしたラーメン店もある

ラーメン店だけに限らず、最近では男性中心といわれていた世界でも、女性の感性を生かした店づくりをして成功している店が増えています。

女性だから絶対に店長になれないというわけではありませんし、健康管理や体力づくりに積極的に取り組んだり、従業員を教育して仕事を手伝ったりしてもらうことで、女性店長でも活躍できる可能性は十分にあります。

また、最近は女性が一人で入れるような洗練された内装のラーメン店も出てきており、女性でも「ラーメンが大好き」と公言する人は以前より増えているようです。

女性のラーメン屋店長が活躍できるチャンスはまだまだありますし、女性ならではのきめ細やかな気遣いでお客さまの心をグッと掴むことができれば、大きく成功することも夢ではありません。

とはいえ、ラーメン屋店長は長時間労働になりがちで、楽でない仕事であることは確かです。

ラーメン作りに対する強い情熱を持っていることは不可欠だといえるでしょう。