パタンナーの勤務時間・休日・仕事は激務?

パタンナーの勤務時間

勤務時間、休日ともにパタンナーだからといって特別な条件はありません。

夜勤や交代制の勤務を必要とはしないので、パタンナーの勤務時間は勤務先によって多少の差はありますが、始業は9時前後、終業は17時前後で、昼休みも設定されいわゆる一般的なサラリーマンと同様の勤務です。

始業時間や就業時間が変則的な時間帯になっている会社はあまりありません。

ただしこれはあくまでも募集要項に出ている上での話であって、実際には長時間勤務になったり、休日出勤になったりすることも少なくありません。

納期に合わせるために、残業をしなければならないことも多々あるでしょう。

パタンナーの休日

毎週の休日は土日で、祝日がある時はその日も休日というのがほとんどです。

また夏期と冬期にはそれぞれ3日から5日程度の休暇があるというのも標準的です。

これらを合計すると年間休日は120日前後になるので、一般的なサラリーマン勤務と同じ待遇です。

ただし、ファッション・アパレル業界には繁忙期があるので、そういった時期は週休が少なくなるということが募集要項に記載されている会社もあり、繁忙期はほとんど休めないという会社が多いのが実情です。

パタンナーの残業時間

パタンナーに限らず、ファッション・アパレル業界に関連する仕事では募集要項などに記載されている額面をそのまま鵜呑みにしないほうがよいといわれています。

残業も多く、土日祝日が休日と記載されていても実際には休日出勤をしていることもあるというように、なかなか額面通りの勤務時間、休日にはなっていません。

洋服の生産は常に事前に計画されたスケジュールありきで進められており、パタンナーも決められたスケジュールの中でパターンを完成させなくてはなりません。

もしパターン製作が遅れれば、後工程の人たちにも多大な迷惑をかけてしまうため、決められた時間内に何としても作業を終わらせなければならないのです。

パタンナーは忙しい? 激務?

繁忙期や納期前は激務になることも

パタンナーは、自分では作業が順調に進んだと思っても、予期せぬトラブルが起こったり、デザイナーとのイメージの相違で何度もパターンを作り直したりしなければならないこともあります。

また、ブランドの展示会前でたくさんの洋服を作らなければならない時期などは、徹夜作業が何日も続くようなこともあるようです。

フリーランスで働いた場合でも、当然請け負う案件には納期が存在します。

急な直しが入ったときなどは、徹夜したり休日を利用したりして仕事をしなければならないこともあります。

労働条件をきちんと確認しておこう

パタンナーは「常に納期を意識」というプレッシャーの中で働くため、よほどこの仕事が好きでなければ、「時間に追われてつらい」という気持ちばかりが高まってしまうかもしれません。

また、パタンナーが働く職場の労働条件や職場環境はまちまちです。

きちんと休みがとれるように配慮している企業もありますが、なかには厳しい労働環境の下で身をすり減らす人がいるのも事実です。

一概にはいえませんが、やはり大手企業のほうが残業削減や有給取得などの取り組みを積極的に行っているようです。

パタンナーの仕事は非常に集中力が求められる仕事なので、休むときはしっかりと休み、気分転換をしながら仕事に向き合える職場を探すことが大事ではないでしょうか。

パタンナーの1日のスケジュール・生活スタイル