回答者:tanakaさん(女性/32歳)

職業名:パン製造 / 現在の状態:経験者 / 経験年数:3年

仕事内容
勤務地は札幌です。勤務先規模は300人程度でした。

仕事内容の詳細はベルトコンベアで流れてくるパン生地を丸めてパンにします。

職場での役割は、最初はパートの人同じようにパンを製造しますが、慣れてきたら機械を動かします。

この職業を目指したきっかけや経緯ですが、当時は北海道の田舎に住でました。

田舎を出て都会に住むことができれば何の職業でも良いと思い、面接をして受かった会社に入りました。
仕事のやりがい
いろいろなパンの作り方を学べる所です。

ツイストパンやあんぱん、菓子パンなどのいろいろなパンの作り方を学べました。

パンの材料の分量や、道具を使った製造法や、イーストの発酵の時間、失敗する原因など、一通り学べました。

他には売店で売れ残ったパンを安く買えます。
覚悟しておいた方がいいこと
工場内の臭いがキツイです。

パンは好きですけど長時間パンの匂いを嗅いでると鼻がおかしくなります。

パン工場の将来性ですが、手作業の部分が多いのでまだまだ人間の労働者が必要でしょう。

待遇はあまり良くないです。他の食品会社の方が給料は良いと思います。
給料・待遇
自分が働いてた当時は20歳でしたが、3年ほど務めました

月収16万円で手取り12万円でした。年収は200万円程度でした。

待遇はボーナスは安いですが、残業は多いので残業代で稼げます。

さらに、仮眠室があって眠い時には寝れます。
この職業の恋愛・結婚事情
パートのおばさんが若い女の子に「うちの会社の男と結婚しちゃダメ」と言っていました。

実際には、社内で恋愛して結婚する人は何人かいました。

結婚後はそのまま会社で夫婦共働きの方もいました。

女性の方は結婚後も辞めずに務める人が多いです。
この職業を目指す人へのメッセージ
仕事はきついです。残業は多いし、給料も高くないですし、工場内の匂いも気になります。

しかし、意外と長続きして働いてる人が多いので、将来は安定しています。

将来、食品関係のお店で働きたい方は、食品製造の勉強にオススメです。