イベントコンパニオンとキャンペーンガールの違い

イベントコンパニオンの仕事とは

イベントなどの催し物でPRを行う女性キャストたちには、イベントコンパニオン、キャンペーンガール、キャンペーンスタッフとさまざまな呼称があり、違いがわからないという人も多いでしょう。

イベントコンパニオンは、イベント系のキャスティング事務所やタレント事務所に所属し、展示会やさまざまな会場で開催されるイベントがある日のみ派遣される単発の仕事です。

一般的なイベントコンパニオンは、商品を手に持ったり展示品の横に立って来場者にアピールするほか、カタログを配布したり来場者の案内を行ったりします。

多くの人々の注目を集めて商品やサービスの良さをアピールするため、露出度が高くボディラインを強調したコスチュームを着用することが多く、美しいプロポーションや笑顔の美しさが求められます。

キャンペーンガールの仕事とは

キャンペーンガールの仕事

キャンペーンガールは、タレント事務所やモデル事務所に所属しているタレントやアイドルがなるのがほとんどです。

企業と1年間などの期間契約を結び、さまざまな場面で当社の商品やサービスのプロモーションを行います。

コンパニオンのようにイベントに参加するだけでなく、プロモーションのためにポスターやパンフレットなどの広告に登場したり、テレビやCMに出演したりと、より活動の幅が広がるのが一般的です。

展示会やイベントに出演する場合には、コスチュームや職務内容はイベントコンパニオンに近いものがありますが、テレビなどのメディアへ出演する機会が多く、よりモデルやタレントなど芸能に近い仕事であるといえるでしょう。

かつてはビールや水着のキャンペーンガールになることが芸能界への登竜門とされていましたが、現在では企業がこうしたキャンペーンガールを設けることは少なくなってきており、非常に狭き門となっています。

イベントコンパニオンの場合、単発の契約が多いため複数の企業のPRをすることが可能ですが、キャンペーンガールとなった場合、契約期間の間は基本的に専属契約となるため、他社のキャンペーンに参加できなかったり、仕事に制限が出たりする場合があります。

キャンペーンスタッフとの違い

以前はイベントコンパニオンより気軽にできるキャンペーンスタッフのアルバイトをする女性のことをキャンペーンガールと呼ぶ風習がありました。

街中で飲料水やタバコなどの販促をするキャンペーンガールを見たことがある人もいるでしょう。

公園やイベントなどの人通りが多い場所や、飲食店などで、サンプル品などを配布しながらその商品をPRするのが仕事です。

イベントコンパニオンよりも敷居が低く、一般の学生やフリーターでも働きやすいのが特徴です。

しかし男女雇用機会均等法の改正を受けて、近年では男女ともにキャンペーンスタッフと呼ばれ、時給も男女で同等の扱いとされることが多くなっています。