ドラッグストア店員の一日

ドラッグストアの仕事内容は接客以外にもたくさんあり、店員は日々忙しく働いています。

ここでは、ドラッグストア店員がどのような1日を過ごしているのか、おもな流れについて紹介します。

正社員として働くドラッグストア店員のある1日

08:30 出勤

ユニフォームに着替え、髪型など身だしなみを整えます。

09:00 開店準備

店内の清掃と品出しを中心に行います。ドラッグストアで扱う商品はたくさんあるため、テキパキと動きます。

09:50 朝礼

その日に出勤している店員全員で当日のスケジュール確認と、元気よくお客さまを迎えるために、あいさつなどの唱和を行います。

10:00 開店

開店と同時にパラパラとお客さまが入ってきます。「いらっしゃいませ!」と明るい声を出します。

11:00 レジ、接客

登録販売者資格を持っているため、一般用医薬品についてお客さまから販売を求められた場合には即座に対応します。

12:30 昼休憩

店員は交代でお昼休みを取ります。持参した弁当を食べたり、外に食べに出たりすることも。

14:00 売り場づくり

お客さまの買い物の妨げにならないよう、新しい商品や特売の品が目立つように並び替えを行ったり、棚のレイアウトを変更したりします。

16:00 発注

欠品を起こさないよう、商品の在庫を確認しながら発注をかけます。

18:00 事務作業

事務所に下がって日報のまとめやシフト表作成、POP作りなどの事務作業を行います。

19:45 引継ぎ

仕事を終える前に、他のスタッフに大事な連絡事項などを確実に伝えます。

20:00 退勤

この日は業務が立て込んでいたので残業をしましたが、落ち着いている日はできるだけ早く帰れるように努めています。