執事の仕事内容

執事とは何か

「執事」という仕事は、日本で生活をする一般の人々にとって、あまり身近な職業ではないと思われます。

最近では、執事を取り上げたドラマやアニメなどが放送されたこともあり、何となくイメージする姿はあるかもしれませんが、詳しい仕事内容や役割については、あまり知られていないのが実情でしょう。

現代の執事の主な役割は、お屋敷などに仕える使用人の筆頭として、家政全般を取り仕切ったり、主人への給仕をすることです。

もともと、執事は英国が発祥の職業であり、英語では執事のことを「buttler」といい、その語源は「buttery(食料・酒貯蔵室)」となります。

この言葉の通り、16世紀頃の執事は、上流階級の屋敷で自家製ビールやエールの醸造所や貯蔵室を担当する人のことを意味していましたが、20世紀頃になると、現代の執事のような、上級の使用人としての役割を担うように変化していったといわれています。

執事の具体的な仕事内容

ここからは、執事の具体的な仕事内容を紹介します。

お客さまの要望によっても異なりますが、基本的には以下のような仕事をしています。

お茶や料理の給仕

主人の好みや要望に合わせた料理の準備と提供を行います。

食器の管理

執事を置く家庭では高価な食器が使われることが多いため、それらの取り扱いに関して厳重に注意するほか、第三者によって盗まれたり紛失されることのないよう厳重に保管します。

他の使用人の監督

執事は使用人の中でも最上位の職種となるため、多くの使用人を抱える家庭では、他の男性の使用人を統括する役割も担います(女性使用人に関しては、「ハウスキーパー」という職種の人が統括します)。

屋敷や土地の管理

財産管理は、執事(バトラー)より上級のスチュワードという役職の人が行うことが多いですが、いない場合にはバトラーが担当します。

家族のサポート業務

お子さまの送り迎えや、奥様の外出準備のお手伝いなどを行います。名門小学校のお受験対策のサポートをすることもあります。

来客対応

お客さま宅へ訪問された方にも最高のもてなしを提供するため、料理やお茶、お土産などの準備をします。

オーダーメイドのサービスが基本

執事は、すでにあるものを売る仕事ではありません。

自分のお客さまとなる主人が何をしてほしいのか、どのようなサービスを望んでいるのかをしっかりと汲み取り、常に先回りして喜んでいただけるサービスを提供しなくてはならないのです。

そのため、サービスの内容は、基本的にフルオーダーメイドとなります。お客さまによって望むことはまちまちであり、こうすれば正解というものはありません。

そういう意味では、執事は「究極のサービス業」ともいえるでしょう。